わい性で小鉢生産に向くアジサイ新品種「ラブリーハートピンク(仮称)」

わい性で小鉢生産に向くアジサイ新品種「ラブリーハートピンク(仮称)」

タイトルわい性で小鉢生産に向くアジサイ新品種「ラブリーハートピンク(仮称)」
要約アジサイ新品種「ラブリーハートピンク」は、鮮やかな濃いピンク系の品種で、現在鉢物として栽培されているセイヨウアジサイの品種に比べ、わい性のため5号鉢以下の小鉢生産に向く。
キーワードアジサイ、新品種、ラブリーハートピンク、わい性、小鉢
担当機関群馬農技セ 生産技術部 花きグループ
連絡先0270-30-7799
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい我が国在来のアジサイは、一般的に生育が旺盛で草丈が伸びやすいため、鉢物では草姿のバランスが取りにくい。一方、セイヨウアジサイは、鉢栽培を前提に育種されてきたため、在来のアジサイに比べ、草姿が小型の品種が多い。しかし、生育旺盛な品種は草丈を抑えるため栽培期間中に3~4回わい化剤を用いることがあり、特に5号鉢以下の小鉢栽培では、鉢とのバランスが取りにくい。また、わい性の品種は青系品種にはあるが、ピンク系品種にはほとんど無い。
そこで、既存品種よりわい性で、花付きが良く、花色が鮮明で濃く、小鉢生産に向く新品種を育成する。

成果の内容・特徴1.
育成経過
1998年に「グリュンヘルツ」を種子親、「ホベラ」を花粉親とした交配を行い、同年に種子を採取した。2000年に花色が濃く、わい性であることに重点をおき1次選抜を行なった。その後、青系及び赤系の品種用培養土による発色性、促成作型での適応性、生育の均一性について検討を進め、2003年当初の目標であった既存品種よりわい性の性質を持ち、花付きが良く、花色が鮮明で濃い、小鉢生産に適する1系統を選抜した。2005年3月その形質が安定していることを確認し、同年6月農林水産省に品種登録出願した。
2.
品種の特性
1)
育苗期の側枝長や促成期の新梢長が短く、わい性である(表1、表2、写真1)。
2)
12月下旬加温開始の促成作型で、3月下旬に開花する中生種である(表2)。
3)
装飾花の色は鮮紫ピンク(No.9705)で、鮮やかである(表2、写真2)。
4)
花序は半球形の手まり咲で、がく片が丸く、商品性が高い(写真2)。

成果の活用面・留意点1.
品種登録出願中であり、栽培には群馬県との許諾契約が必要である。なお、当面は県内の生産者に栽培を限定する。
具体的データ
表1
表2
写真1
写真2
予算区分県単
研究期間1998~2004
研究担当者清水良泰、八木和弘
品種出願(登録)品種登録出願日2005年6月16日、出願公表日2005年12月15日出願番号第18435号
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat