チェーンポット内施肥による夏どりネギの減窒素肥料栽培

チェーンポット内施肥による夏どりネギの減窒素肥料栽培

タイトルチェーンポット内施肥による夏どりネギの減窒素肥料栽培
要約肥効調節型肥料のチェーンポット内施肥により、夏どりネギは収量を確保しつつ大幅に減肥できる。100日タイプの肥料をチェーンポット内に6kgN/10a施用し、9kgN/10aを追肥すると38%の減肥となる。また、140日タイプの肥料をチェーンポット内に12kgN/10a全量基肥施用すると50%の減肥が可能である。
キーワードチェーンポット内施肥、肥効調節型肥料、夏どりネギ、減肥
担当機関千葉農総研 生産環境部 環境機能研究室
連絡先043-291-9995
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい夏ネギの施肥基準窒素量は基肥窒素8kg/10a、追肥窒素16kg/10aの合計24kg/10aである。一方、ネギの窒素吸収量は、9kg/10a程度(千葉県野菜施肥プロ:2002)であることから、施肥窒素利用率の向上により減肥が可能と考えられる。
現在、千葉県内のネギ産地ではチェーンポット育苗が80%程度普及している。そのため、肥効調節型肥料を育苗箱に直接投入するチェーンポット内施肥による減肥法を開発する。

成果の内容・特徴1.
肥効調節型肥料である被覆燐硝安100日タイプ(2401-100S)をチェーンポット内に 4~6kgN/10a施用し、16kgN/10aを追肥した栽培は標準施肥栽培と同等の収量が得られる(図1)。
2.
被覆燐硝安100日タイプをチェーンポット内6kgN/10a施用した場合、追肥9kgN/10aで標準区と同等の収量が得られる(図2)。この場合、総施肥量が15kgN/10aとなり、標準の24kgN/10aに対し38%の減肥となる。
3.
被覆燐硝安140日タイプ(2401-140S)を用いて、チェーンポット内全量窒素施肥法を検討した。施肥量を12kgN/10aとすることで、追肥なしで標準区と同等の収量が得られる(図3)。この場合、標準の24kgN/10aに対して50%の減肥となる。

成果の活用面・留意点1.
残存窒素が多い場合(硝酸態窒素5mg/100g乾土以上)には、基肥と追肥方式の被覆 燐硝安100日タイプが適する。地力窒素を利用し追肥窒素の軽減が期待される。残存窒 素が少ない場合は、基肥一発方式の被覆燐硝安140日タイプが適する。
2.
被覆燐硝安100日タイプ、温度25℃一定の場合、施肥後30日までの窒素溶出が1%以 下で、施肥後30~100日にかけて約80%の窒素を溶出する。被覆燐硝安140日タイプは、 同様に40~140日にかけて約80%の窒素を溶出する。
3.
被覆燐硝安は、N-P2O5-K2O=24-1-0である。リン酸は成分で20~30kg/10aを、加里は成分で15~20kgを、別途全面に施用する。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分県単
研究期間2003~2005
研究担当者山本二美、松丸恒夫、小林広行
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat