ライトトラップによるカンキツ園へのツヤアオカメムシ飛来の早期検出

ライトトラップによるカンキツ園へのツヤアオカメムシ飛来の早期検出

タイトルライトトラップによるカンキツ園へのツヤアオカメムシ飛来の早期検出
要約三重県南部では、近年、果樹カメムシ類におけるツヤアオカメムシの誘殺比率が高まっている。ライトトラップでは、ツヤアオカメムシのカンキツ園地でのたたき落とし調査に先行して誘殺が確認されるため、園地飛来を早期に検出できる。
キーワードツヤアオカメムシ、飛来消長、園地飛来、ライトトラップ
担当機関三重科技セ 農業研究部 紀南果樹研究室
連絡先05979-2-0008
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらいツヤアオカメムシは、果樹カメムシ類として主要害虫の一種である。国内では西南暖地で発生していたが、近年、太平洋沿岸では関東地方でも確認され、発生地域が拡大している。三重県南部では、発生個体数が増加傾向にあるが、園地への飛来実態や越冬に関して不明な点が多い。そこで、現状活用できるライトトラップ、チャバネアオカメムシフェロモンを用いたトラップ及び無防除園地でのたたき落とし落下個体数調査の3種の方法により発生消長の調査を行い、カンキツ園地への飛来を早期に検出し、防除指針を策定するための基礎データを収集することを目的とする。

成果の内容・特徴1.
三重県南部では、近年、ライトトラップに誘殺される果樹カメムシ類に占めるツヤアオカメムシの比率が高まっている(図1)。
2.
2003~2005年の調査結果から、ライトトラップ、チャバネアオカメムシフェロモンを用いたトラップとも誘殺数のピークは5月上中旬と10月上中旬である。また、2種トラップの誘殺傾向は、発生量の多少に関わらず非常によく似ている(図2)。
3.
無防除園地におけるたたき落とし落下個体数についても、その推移は2種のトラップの誘殺傾向と似ている(図2)。年によっては、冬期も園地で採集され、柑橘園地内で越冬していることが確認される。
4.
発生増加期にあたる4月と8月から9月のライトトラップによる誘殺は、チャバネアオカメムシフェロモンを用いたトラップによる誘殺や園地におけるたたき落とし調査に比べ、より早期に誘殺を確認できるため、園地への飛来の早期検出に活用できる(図3、図4)。

成果の活用面・留意点1.
ツヤアオカメムシが優占して発生する地域で、防除時期の判断に活用できる。
具体的データ
図1
図2
図4
予算区分特別受託
研究期間2003~2005
研究担当者:鈴木賢
発表論文鈴木(2005)関西病害虫研報 47:161-162
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat