初産授乳豚の飼料摂取量と授乳日数が発情再帰に及ぼす影響

初産授乳豚の飼料摂取量と授乳日数が発情再帰に及ぼす影響

タイトル初産授乳豚の飼料摂取量と授乳日数が発情再帰に及ぼす影響
要約ランドレース種系統豚「ニホンカイL2」初産授乳期は、日本飼養標準・豚(2005年版)の20%増量した飼料を摂取させ、授乳期間を21日にすると発情再帰が早い。
キーワード授乳豚、飼料給与量、授乳期間、発情再帰日数
担当機関新潟畜産研 養豚 養鶏科
連絡先0256-46-3103
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい繁殖母豚の授乳期の養分充足は、離乳後の発情を的確に誘起させる上で特に重要としているが、ランドレース種系統豚「ニホンカイL2」の養分要求量は明らかにされていない。そこで、授乳期の飼料摂取量と授乳日数が、母豚体重、脂肪蓄積量及び発情再帰日数に及ぼす影響について検討する。

成果の内容・特徴1.
授乳期の飼料摂取量による子豚の発育に有意な差はないが(表1)、20%増量すると発情再帰が早い(表2)。したがって「ニホンカイL2」母豚の授乳期の飼料摂取量は、日本飼養標準・豚(2005年版)の20%程度増量することが望ましい。
2.
授乳期間21日は28日と比較すると、母豚の体重や体脂肪の減少も少ない傾向を示し(表3)、発情再帰が早い傾向にある(表4)。また、その後の子豚の発育に有意な差はない。授乳期間は、泌乳による母豚の蓄積養分の消耗を少なくし、発情再帰を早くするため、28日よりも21日程度とすることが望ましい。

成果の活用面・留意点1.
育成期間と妊娠期間の飼料給与量は、肢蹄障害の発生が懸念されるため、日本飼養標準・豚(2005年版)が示したとおりとする。
2.
冬期間は摂取した飼料エネルギーの一部が体温維持のために使われ、生産性の低下が起こるので、日本飼養標準・豚(2005年版)の20%増量に更に増量して給与する必要がある。その場合、摂取限界に近いため制限給餌とせずに不断給餌とすることが望ましい。
3.
飼料給与、授乳期間は、産子数や子豚の発育状態によって適宜増減する必要がある。

具体的データ
表1 飼料摂取量の増加が1腹平均子豚体重に及ぼす影響(kg)
表2 飼料摂取量の増加が発情再帰日数に及ぼす影響
表3 授乳期間が母豚の体重減少および脂肪厚に及ぼす影響
表4 授乳期間が発情再帰日数に及ぼす影響
予算区分県単
研究期間2003~2005
研究担当者高橋朋子、佐野晃、田村祐一、森山則男
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat