トルコギキョウに発生する2種トンブスウイルスの識別診断法

トルコギキョウに発生する2種トンブスウイルスの識別診断法

タイトルトルコギキョウに発生する2種トンブスウイルスの識別診断法
要約トルコギキョウに発生しているTomato bushy stunt virus (TBSV)とLisianthus necrotic stunt virus(LiNSV:仮称)の2種トンブスウイルスは、それぞれに対応するプライマーを用いたRT-PCR法による識別診断が可能である。
キーワードトルコギキョウ、トンブスウイルス、RT-PCR法、TBSV、LiNSV
担当機関富山農技セ 野菜花き試験場 花き課
連絡先0763-32-2259
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類研究、参考
背景・ねらい近年、国内のトルコギキョウ切花産地において、Tomato bushy stunt virus (TBSV)とLisianthus necrotic stunt virus(LiNSV:仮称)の2種のトンブスウイルスが発生して問題となっている。そこで、両ウイルスを検出し、識別するための診断法を確立する。

成果の内容・特徴1.
トンブスウイルスの塩基配列では、ORF4の保存性が高く、ORF2(CP領域)の特異性が高い(図1)。
2.
これらの領域の塩基配列からトンブスウイルス全般を検出できる塩基配列およびTBSVあるいはLiNSVを特異的に検出できるプライマーを設計する(表1)。
3.
R側共通プライマー、F側共通プライマー、TBSV特異的プライマー、LiNSV特異的プライマーの4種類を混合してRT-PCRを実施することにより、トルコギキョウに発生するTBSV、LiNSVの検出とその識別が可能である(図2)。

成果の活用面・留意点1.
共通プライマーはTBSVとLiNSV以外のトンブスウイルスの検出についても活用できる。
2.
ウイルスが重複して感染している場合は、競合作用により片方のウイルスしか検出されないことがあるので注意が必要である。

具体的データ
図1 トンブスウイルスのゲノム構造および設計したプライマーの位置(名称)
表1 作成したプライマーの種類と塩基配列
図2 RT-PCR法によるトンブスウイルスの検出
予算区分高度化事業
研究期間2005~2006
研究担当者伊山幸秀、守川俊幸、島嘉輝、向井環、藤永真史(長野野花試)、Ibrahim M.(宇都宮大農)、米山千温(静岡農試)、大木健広(中央農研)、夏秋知英(宇都宮大農)
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat