鶏への桑の葉粉末の給与は盲腸内のビフィズス菌を増やしpHを低下させる

鶏への桑の葉粉末の給与は盲腸内のビフィズス菌を増やしpHを低下させる

タイトル鶏への桑の葉粉末の給与は盲腸内のビフィズス菌を増やしpHを低下させる
要約桑の葉粉末を添加した飼料を採卵鶏に給与すると、盲腸内のビフィズス菌が増加してpHが低下する。また、排せつ物からのアンモニアの発生も遅延・抑制される。
キーワード採卵鶏、桑粉末、腸内細菌、排せつ物、アンモニア
担当機関群馬県畜産試験場 中小家畜係
連絡先027-288-2222
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい養鶏では食中毒菌等の有害な微生物のリスクを軽減するため、有用微生物が優位な腸内環境とすることを目的に、オリゴ糖や生菌製剤の給与が生産現場で行われている。
 一方、桑には腸管からの糖の吸収を阻害する作用があり、吸収されなかった糖質はオリゴ糖のように腸内微生物のエネルギー源となることが考えられる。
そこで、群馬県産の桑の葉粉末(商品名 桑の花)を添加した飼料を採卵鶏に摂取させ、盲腸内の細菌や内容物のpHと排せつ物からのアンモニアの発生量について調査する。
成果の内容・特徴
  1. 桑の葉粉末を0.5~3.0%添加した飼料を採卵鶏(471~510日齢、以下同)に給与すると、盲腸内のビフィズス菌が有意に増加する(図1)。また、ビフィズス菌の増加に伴い盲腸内容物のpHが低下し酸性となる(図2)。
  2. 桑の葉粉末を0.1~1.0%添加した飼料を採卵鶏に給与すると、添加量の増加に伴いアンモニアの発生が遅延・抑制される(図3)。
  3. 以上のことから、鶏への桑の葉粉末の給与は、容易かつ簡便に盲腸内の有用微生物であるビフィズス菌を増やしpHを低下させることが可能であり、有用微生物優位の腸内環境作りに寄与できる。
成果の活用面・留意点
  1. 今回使用した群馬県産の桑の葉粉末は比較的高価(1,600円/kg)であるが、極微量(0.1 ~0.5%)で効果が期待できる。
  2. 過去に採卵鶏と肉用鶏で桑粉末を3%添加した試験を実施しており、生産性を損なわず、鶏卵や鶏肉の食味を向上させることを確認しているが、桑の葉粉末を多量に飼料添加すると、飼料のエネルギー価が低下し生産性を低下させる可能性があるので注意が必要である。
具体的データ
図1 桑粉末添加による盲腸内ビフィズス菌の増加
図2 盲腸内ビフィズス菌量とpH
図3 桑粉末添加によるアンモニア発生の遅延・抑制
予算区分県単
研究期間2007~2009
研究担当者後藤美津夫、山田正幸、小材幸雄、松浦俊幸
発表論文平成20年度関東畜産学会要旨
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat