DNAマーカーを用いた緑肉ネット系メロン「ひたち交3号」の判別法

DNAマーカーを用いた緑肉ネット系メロン「ひたち交3号」の判別法

タイトルDNAマーカーを用いた緑肉ネット系メロン「ひたち交3号」の判別法
要約茨城県育成のメロン新品種「ひたち交3号」および緑肉ネット系メロン6品種を判別するために開発した4種類のDNAマーカーのうち、「ひたち交3号」は1種類のマーカーによって判別できる。
キーワードメロン、品種判別、Simple Sequence Repeat(SSR)マーカー
担当機関茨城農総セ 生工研 野菜育種研究室
連絡先0299-45-8330
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい近年食品の産地偽装や品種偽装が相次いで発生し、消費者の食への信頼性が大きく揺らいでいる。食の安全・安心の確保にむけたトレーサビリティーシステムが構築されつつあるが、その一端としてここではDNA マーカーを用いて茨城県育成のメロン新品種「ひたち交3号」と外観判別が難しい市販品種との判別法を開発し、ブランド確立の有効な手段とする。「ひたち交3号」は現在試験販売段階ではあるが市場評価が高く、本格的に生産販売する見込みである。
成果の内容・特徴
  1. 選抜した4種類のSSRマーカーは、茨城県育成新品種、緑肉ネット系メロン「ひたち交3号」と県内で流通する緑肉ネット系メロン6品種「アンデス」、「アンデス5号」、「オトメ」、「マリオネット2号」、「ローランL」、「メイスター」の判別に利用できる(表1)
  2. 選抜したSSRマーカーCMGAN12(Gonzalo et al. Theor. Appl. Genet. 110 : 802-811 2005)をSTS化したCMGAN12´における「ひたち交3号」、「アンデス」および「アンデス5号」の遺伝子型は、他の品種のそれらとは異なるため1つのマーカーで品種の判別ができる(図1)。
  3. 判別システムの実用化には果実からのDNA抽出が必要であるが、果こう基部(ヘタ)からは効率的にDNAを抽出できる(データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. 本技術は、「ひたち交3号」および上記市販6品種に限った判別法であり、新たな品種が市場に流通した場合、判別4マーカーの有効性を確認する必要がある。
具体的データ
表1 4種類の判別マーカーによる判定
図1 DNAシークエンサーにおけるマーカーCMGAN12´のフラグメント解析結果
予算区分委託プロ(高度化)
研究期間2004~2007
研究担当者石川友子、宮城慎、葛谷真輝(筑西普及セ)、手塚孝弘(大阪府大)
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat