イネのもみ枯細菌病と苗立枯細菌病の両方を防除できるファージ

イネのもみ枯細菌病と苗立枯細菌病の両方を防除できるファージ

タイトルイネのもみ枯細菌病と苗立枯細菌病の両方を防除できるファージ
要約イネもみ枯細菌病菌とイネ苗立枯細菌病菌の両菌に感染するファージをイネ種子の催芽時に処理することにより、育苗期に発生する2つの病害を防除することができる。
キーワードイネ、ファージ、イネもみ枯細菌病、イネ苗立枯細菌病
担当機関石川農研 資源加工研究部 生物資源グループ
連絡先076-257-6911
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類研究、参考
背景・ねらいこれまでに、イネ苗立枯細菌病菌に感染するファージBPP-Yaを発見し、これを種子浸漬に用いることで、苗立枯細菌病の発病を抑制できることを明らかにしている。イネの育苗期には、苗立枯細菌病に加えてもみ枯細菌病の発生も多いことから、これら両病害を防除することができるファージを探索し、その防除効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. ファージBGPP-ArおよびBGPP-Saはいずれも、もみ枯細菌病菌(MAFF106715)と苗立枯細菌病菌(MAFF301723)の両病原細菌に感染し(表1)、病原細菌を混和した寒天培地上で小型のプラークを形成する(図1)。
  2. 滅菌蒸留水で108pfu/mlに調整したBGPP-ArあるいはBGPP-Saファージ液を用いてイネ種子を催芽させると、もみ枯細菌病と苗立枯細菌病の発病を抑制する(表2、図2)。
  3. BGPP-Arによる、もみ枯細菌病および苗立枯細菌病に対する防除効果は高い(表2、図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 処理による生育阻害等は認められず、BGPP-Arは防除資材として有望である。
  2. もみ枯細菌病菌、苗立枯細菌病菌の両菌において、両ファージに感染しない菌株も認めている。
具体的データ
表1 分離ファージの病原細菌に対する感染性
図1 BGPP-Arによるプラーク例
表2 ファージ液催芽時浸漬処理によるイネ育苗期細菌性病害に対する防除効果
図2 BGPP-Ar催芽時浸漬処理によるイネ育苗期細菌性病害に対する防除効果
予算区分国補(食の安全・安心確保交付金)
研究期間2008~2008
研究担当者安達直人、塚本昇市、井上康宏(中央農研)、畔上耕児(中央農研)
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat