葯培養を利用したナス台木新品種「台二郎」

葯培養を利用したナス台木新品種「台二郎」

タイトル葯培養を利用したナス台木新品種「台二郎」
要約ナス台木用品種「台二郎」は、「台太郎」の葯培養系統とヒラナスとの種間交雑品種である。「台太郎」に由来する青枯病抵抗性とヒラナスに由来する半枯病抵抗性を持つ。ヒラナスより青枯病に強く、無加温およびハウス促成栽培で高い収量性を示す。
キーワード葯培養、種間雑種、青枯病抵抗性、半枯病抵抗性
担当機関高知農技セ 作物園芸部 育種バイオテクノロジー科
連絡先088-863-4916
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらい高知県最大の野菜生産品目であるナスについては、長年の連作による土壌病害の発生が効率的生産を阻害しており、この対策としてすぐれた台木の育成が求められている。そこで、青枯病抵抗性台木F1 品種の「台太郎」およびヒラナスを育種素材として、無加温あるいはハウス促成栽培においてもヒラナスと同程度の収量性を示し、青枯病および半枯病に抵抗性を持つナス台木品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 育成の経過:「台二郎」は「台太郎」の葯培養系統の中から、青枯病抵抗性について選抜した「台太郎 ac-3」を子房親とし、ヒラナスを花粉親として作出した種間雑種品種である。
  2. 耐病性:青枯病と半枯病の複合抵抗性を有し、青枯病に対してはヒラナスと「台太郎」の中間の抵抗性を(表1、図1)、また半枯病には実用的な抵抗性を示す(表1)。
  3. 生育特性:生育は旺盛で、草丈、株の広がり、葉の大きさ、茎の太さは「台太郎」およびヒラナスより大きく、分枝角度、第一花着生節位、花の大きさ、花房当たり果数および果実の特性は「台太郎」とヒラナスの中間的である(表2)。
  4. 台木適性:促成栽培での穂木品種の収量性は、ヒラナス台と同等あるいはそれ以上である(表3)。青べタ果率がやや高いものの「台二郎」台での穂木品種「竜馬」の果実品質はヒラナス台とほぼ同等である。

成果の活用面・留意点
  1. 平成13年3月に種苗登録を申請した。
  2. ナスの促成栽培に適する。青枯病抵抗性は「台太郎」よりやや劣り、またセンチュウの汚染ほ場では根こぶ被害の発生がみられる。これらの激発ほ場では、土壌消毒や耕種的防除が必要である。
  3. 苦土欠乏症や青ベタ果がでやすい傾向を示すことから、Mgの葉面散布や適切な整枝摘葉を行うことが望ましい。

具体的データ
表1
図1
表2
表3
予算区分県単
研究期間1996~2000
研究担当者岡田昌久、吉田建実、松本満夫、新田益男、矢野和孝
発表論文1)岡田ら(2002)高知農技セ研報11(投稿中)
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat