カンキツ黒点病防除におけるマンゼブ水和剤とDMTP剤との混用散布法

カンキツ黒点病防除におけるマンゼブ水和剤とDMTP剤との混用散布法

タイトルカンキツ黒点病防除におけるマンゼブ水和剤とDMTP剤との混用散布法
要約カンキツ黒点病の代表的防除薬剤であるマンゼブ水和剤と主要殺虫剤であるDMTP剤との混用は、DMTP剤の剤型が水和剤より乳剤の方が黒点病の防除効果を持続させるので、乳剤との混用が効果的である。
キーワードカンキツ黒点病、マンゼブ水和剤、DMTP剤、剤型、防除効果
担当機関愛媛果樹試 生産環境室
連絡先089-977-2100
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらいカンキツ黒点病の薬剤防除は年間3~4回行われているが、殺虫剤と混用して使用する場合が多い。黒点病防除の代表的農薬であるマンゼブ水和剤と殺虫剤の混用は、殺虫剤の剤型が水和剤と乳剤ではマンゼブの初期付着量が水和剤の方が多いことから、水和剤との混用が指導されてきた。しかし、防除効果は、初期付着量のみで決定されるのではなく、残効性も重要な要因である。
そこで、マンゼブ水和剤とかんきつの主要殺虫剤であるDMTP水和剤または乳剤を混用散布し、マンゼブ付着量および黒点病に対する防除効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. マンゼブ水和剤とDMTP水和剤または乳剤を混用して散布した場合、初期のマンゼブ付着量は単用、水和剤混用、乳剤混用の順で多いが、1か月後のマンゼブ付着量は単用、乳剤混用、水和剤混用の順で多く、水和剤と混用するより乳剤と混用する方が残存性に優れている(表1)。
  2. 接種試験での黒点病の防除効果は、単用、乳剤混用、水和剤混用の順に高い(表2)。
  3. マンゼブ水和剤2剤を用いた圃場試験での黒点病の防除効果は、2剤とも単用と乳剤混用区は同等であり、水和剤混用区はそれより劣る(表3)。

成果の活用面・留意点
  1. 新品種に対するマンゼブ水和剤とDMTP剤の混用による薬害は不明である。
  2. マンゼブ水和剤とDMTP以外の剤との混用については今後検討する予定である。

具体的データ
表1
表2
表3
予算区分県単
研究期間2000~2001
研究担当者三好孝典、清水伸一
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat