植物内生菌を利用したホウレンソウ萎凋病防除

植物内生菌を利用したホウレンソウ萎凋病防除

タイトル植物内生菌を利用したホウレンソウ萎凋病防除
要約植物内生菌Enterobacter cloacae SM10株でホウレンソウ種子を浸漬処理すると、ホウレンソウ萎凋病(Fusarium oxysporum f.sp. spinaciae )の発病が抑制される。
キーワードホウレンソウ萎凋病、生物防除、植物内生菌、Enterobacter cloacae
担当機関京都農資セ 応用研究部
連絡先0774-93-3527
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい夏季の雨よけ栽培において著しい被害をもたらすホウレンソウ萎凋病に対して、植物の体内に生息している植物内生菌を利用した防除技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. ホウレンソウの根内部から細菌Enterobacter cloacae SM10株を分離し、SM10株の細菌懸濁液に22℃、24時間浸漬処理したホウレンソウ種子(品種 おかめ、ネーキッド種子、薬剤コーティングなし)を汚染ほ場に播種すると、SM10株による発病抑制効果が認められる(表1、図1)。
  2. 同様の方法でSM10株を浸漬処理したホウレンソウ種子を播種すると、根導管内部に細菌が認められる。さらに、SM10株の抗体を用いた免疫電顕では、根導管内部に認められた細菌に金コロイド粒子の特異的なシグナルが認められる(図2)。これらのことから、SM10株はホウレンソウ体内に生息する植物内生菌であることが認められる。
  3. SM10株は、ホウレンソウを含め、キュウリ、ナスなど主要な9科13作物には病原性や生育抑制を示さない。これらのことから、E. cloacae SM10株は実用的な生物防除エージェントとなりうる。

成果の活用面・留意点
  1. Rhizoctonia による株腐病には発病抑制効果がないので、株腐病が発病するほ場ではトリクロホスメチル剤等の株腐病防除薬剤の併用が必要である。
  2. ホウレンソウ種子へのSM10株の効果的、効率的なコーティング処理方法の開発が必要である。

具体的データ
表1
図1
図2
予算区分府単
研究期間1997~2001
研究担当者小坂能尚、津田和久
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat