野生ニホンザルに対する被害を受けにくい品目‘ゴボウ’の選定

野生ニホンザルに対する被害を受けにくい品目‘ゴボウ’の選定

タイトル野生ニホンザルに対する被害を受けにくい品目‘ゴボウ’の選定
要約ゴボウは、野生ニホンザルの被害を受けにくい作物として選定できる。[キ-ワ-ド]野生ニホンザル、被害軽減作物、ゴボウ
担当機関滋賀県農総セ 農試 湖北分場
連絡先0749‐82‐2079
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらい県内の中山間地域では、ニホンザルによる農作物被害が多発し、これまでに様々な被害防止措置がとられてきたが、被害発生が後を絶たない状況にある。そこで、里の餌場価値を低下させる簡便な獣害回避対策技術の一環として、猿害多発地域においてニホンザルの好まない農作物の作付けによる被害軽減を目的に、ニホンザルの被害を受けにくい農作物を選定し、実証する。
成果の内容・特徴
  1. アンケ-ト調査の結果では、ゴボウはニホンザルの被害を受けたことがない農作物として回答が多かった品目である。一方、春まきゴボウと播種(定植)~収穫の期間が同じ農作物で、被害を受けた農作物として回答が多かったのは、サツマイモである(図1)。
  2. 現地試験の結果でも、ゴボウは、年次、群れの違いに関係なく、ニホンザルによる被害を受けていない(表1、図2)。
  3. 以上の結果より、ゴボウは、ニホンザルの被害を受けにくい作物として選定できる。
成果の活用面・留意点
  1. ニホンザルの被害が多発している農地にゴボウを広域に作付けることにより、ニホンザルに対する里の餌場としての価値を低くすることができる。
  2. ニホンザルでは群れごとに食性が若干異なるため、集落で予備調査を行い、被害がないことを確認したうえで作付けする。
  3. ゴボウは耕土が深く、排水の良好な土壌条件に適する。連作ができないので、毎年、同じ場所での作付けを避ける。
[具体的デ-タ]
具体的データ
図1
図2
表1
予算区分県単
研究期間2000~2003
研究担当者山中成元、寺本憲之、常喜弘充
発表論文なし
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat