スダチの優良系統「上板6号」および「上板7号」の選抜

スダチの優良系統「上板6号」および「上板7号」の選抜

タイトルスダチの優良系統「上板6号」および「上板7号」の選抜
要約徳島県内のスダチ生産農家の圃場から、無核もしくは濃緑色系統のスダチ約30系統を選抜、研究所内圃場で調査を行い、濃緑晩生系の「上板6号」および少核系の「上板7号」を選抜した。
キーワードスダチ、少核系統、濃緑晩生系統
担当機関徳島県農林水産総合 果樹研 常緑栽培育種担当(県北)
連絡先088-694-2712
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
成果の内容・特徴
  1. スダチ系統「上板6号」および「上板7号」は,平成3年に徳島市内のスダチ生産農家の圃場より選抜した系統である。
  2. 「上板6号」の果皮色は主要栽培系統の「徳島1号」(収穫期8月下旬~9月上旬)よりも緑が濃く、収穫期は9月下旬~10月上旬であり、「徳島1号」より約1か月遅い(図1)。
  3. 「上板7号」は,既存の少核系統である「新居系」よりも種子数が少なく(平均1個未満)、果実も大きい(表1、図2)。
  4. 「上板6号」は「徳島1号」と比べて収穫期が遅い点が貴重であり、「上板7号」は、「徳島1号」と比べて種子数の少ない点、「新居系」と比べて果実が大きい点で優れる。
成果の活用面・留意点〔成果の活用面・留意点〕
  1. 晩生の「上板6号」を導入することにより、収穫労力の分散および経営規模の拡大が図れる。
  2. 無核の「上板7号」を導入することにより、高品質果実生産が可能になる。
  3. 主要な産地で、これらの形質を発現するかどうか検討する必要(系統適応性試験)がある。
  4. 「上板6号」および「上板7号」は品種登録のための準備中である。
〔具体的データ〕
具体的データ
図1
図2
表1
予算区分県単研 究 期 間平成13年度(昭和63年~)
研究担当者山尾正実、竹中美香、徳永忠士
発表論文日本育種学会四国談話 第63回講演会 1998.11.26
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat