コマツナの無農薬ハウス生産における耕種的な害虫被害軽減

コマツナの無農薬ハウス生産における耕種的な害虫被害軽減

タイトルコマツナの無農薬ハウス生産における耕種的な害虫被害軽減
要約無農薬ハウス栽培でのコマツナの周年安定生産には、収穫量の多くなる3~9月に、輪作や太陽熱処理を組み込み、ハウス毎にコマツナを作付けしない期間を設けることで、害虫による食害が軽減され、出荷量も安定する。
キーワード無農薬栽培、コマツナ、トマト、太陽熱処理、害虫、食害
担当機関(独)農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センター 総合研究部 総合研究第4チーム
連絡先0773-42-0109 / tnk@affrc.go.jp / tnk@affrc.go.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい近畿・中国の中山間で野菜を生産する農家は環境保全型農業、特に無農薬・無化学肥料への指向が強い。そこで、減・無農薬栽培での生産を安定化するため、有機栽培でコマツナを連作し周年出荷している農家のハウスに輪作や太陽熱処理を導入し、その害虫被害軽減効果を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
コマツナを無農薬で連作すると、キスジノミハムシ、ダイコンハムシ、ニセダイコンアブラムシ、ネキリムシ、ヤサイゾウムシ等による食害が激しい。
2.
一方、春作にトマトを作付けした場合と夏季に太陽熱処理を行ったハウスでは、9月以降に明らかな食害軽減効果が認められる(図1)。その食害軽減効果は農家の出荷量からも確認できる(図2)。なお、翌年の春先以降への効果はない。
3.
コマツナの生育日数は、温度の高い4月~9月は約30日と短く、11月~2月の低温期は60~90日程度と長くなる(図3)。
4.
調査農家の事例では、8月をピークに果菜類を中心に輪作されているが、毎日播種した場合の収穫延べ面積を月別に求めると、3~5月が収穫のピークとなり、9月までが多い(図4)。
5.
春先からアブラナ科以外の作物を積極的に導入し、6月以降は短期間で効果のある太陽熱処理も組み合わせ、3月~9月にコマツナを作付けしない期間を全ハウスに計画的に設けることで害虫による被害が軽減できる。
成果の活用面・留意点1.
減・無農薬栽培農家を対象とする。
2.
側面の防虫ネットなど、害虫侵入防止策の施されているハウスを対象とする。
3.
側面の防虫ネットなど、害虫侵入防止策の施されているハウスを対象とする。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分21世紀プロ(7系)
研究期間2001~2003
研究担当者田中和夫、尾島一史、長坂幸吉
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat