追肥の条施用による冬どりホウレンソウの減肥技術

追肥の条施用による冬どりホウレンソウの減肥技術

タイトル追肥の条施用による冬どりホウレンソウの減肥技術
要約冬どりホウレンソウの追肥の肥効は、条間を中耕後、その溝部分へ条施用する方法が効果的である。追肥時期は生育前半(本葉2~5枚頃)とし、窒素成分は10アール当たり5kgまで減肥できる。
キーワードホウレンソウ、減肥、追肥、条施用、中耕
担当機関徳島農研 生産環境担当
連絡先088-674-1660 / matsuka_yoshikatsu_1@pref.tokushima.jp / matsuka_yoshikatsu_1@pref.tokushima.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい近年、安全で高品質な野菜や環境にやさしい効率的な施肥が求められている。徳島県の主要な野菜である冬どりホウレンソウについては、追肥の施用位置や時期、量、回数と収量や外観品質である葉色、内容成分である硝酸濃度との関係は明らかでない。そこで、栽培期間が長く施肥量を多く必要とする作型について、収量品質を維持しつつ環境にやさしい追肥方法について検討した。
成果の内容・特徴1.
条間を中耕後、追肥を窒素成分で10アール当たり5kg(以下:5kgと略す)条施用 (図1)
すると、収量は無中耕で窒素成分7kgを畝の表面へ2回施用する場合に比べてやや上回る(表1)。また、窒素利用割合も向上する(表1)。
2.
条間を中耕後、追肥を条施用するときに、窒素成分を10kgから5kgまで減らしても、収量は同程度であり、本葉2~3枚と4~5枚の追肥時期による差はみられない(図2)。品質のうち葉色は同程度であり、硝酸含量は減少する(表2)。また、窒素利用割合がやや向上する(表2)。
3.
以上のことから、冬どりホウレンソウの追肥は、生育前半の本葉2~3枚と4~5枚の時期では収量に差がないことから生育前半の2~5枚頃とし、窒素成分は10アール当たり5kgまで減肥できると考えられる。
成果の活用面・留意点1.
本技術は、粘質または壌質の土壌において、基肥を窒素成分で10アール当たり15kg施用した結果である。ただし、前作の残存窒素が多いと予想される場合には土壌診断を実施し、基肥の施肥量を調節することが必要である。
2.
中耕は生育が進むと葉を痛めるので、作業が遅れないよう注意が必要である。
3.
本技術は、2月下旬収穫の作型についての結果であるが、それより栽培期間が短い12月下旬や1月収穫の作型にも応用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分国補(環境保全型土壌管理対策推進事業)
研究期間2000~2001
研究担当者松家義克
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat