愛媛農試方式によるイチゴ簡易高設栽培

愛媛農試方式によるイチゴ簡易高設栽培

タイトル愛媛農試方式によるイチゴ簡易高設栽培
要約愛媛農試方式による簡易高設栽培は、ピートモスともみがらくん炭を等量混合した培地に緩効性肥料での全量基肥とし、点滴チューブで適宜給水した後、排液を給水タンクに戻し循環させる安価な循環型ハンモック式栽培システムである。本システムで栽培した「さちのか」は、掛け流しと同程度の収量、糖度が得られる。
キーワードイチゴ、高設栽培、全量基肥、循環型、環境保全型
担当機関愛媛農試 栽培開発室
連絡先089-993-2020 / tamaki-manabu@pref.ehime.jp / tamaki-manabu@pref.ehime.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらいイチゴの高設栽培は、希釈液肥の掛け流し管理が主流で培養液の20~30%が排出され、また、システム化され市販されている方式は設備費が高い。そこで、養液栽培で果実品質に優れ、良食味の「さちのか」を用い、排液による環境負荷が無く、設備費の安価な簡易高設栽培システムを開発する。
成果の内容・特徴1.
本システムは、予め1株当たり4リットルの培地に緩効性肥料を基肥として施用しておき、以降は水を点滴チューブで給水し、その排液を給水タンクに回収し、再び水と共に循環させる循環型栽培システムである(図1)。
2.
微量要素入り緩効性肥料180日タイプ(N:P2O5:K2O+微量要素=13:11:13+微量要素)を20g/株、苦土石灰(粉状)を8g/株施用することで、希釈液肥の掛け流し管理と同程度(900g/株)の収量があり、糖度についても差がない(図2)。
3.
微量要素入り緩効性肥料180日タイプを20g/株施用したとき、排液ECは1~2.3dS/m程度と高く推移し、チップバーンが若干発生するが、植物体に大きな障害は発生しない。
また、5月下旬にECは、掛け流しと同等の値に下がる(図3)。
4.
資材費は、掛け流しのような培養液給液装置を必要としないことから、160万円/10a程度で、市販のシステムに比べて安価である(表1)。
5.
本方式での肥料代(微量要素入り緩効性肥料+苦土石灰)は35,000円/10a程度で、掛け流し栽培(100,000円/10a程度)に比べ肥料代のコスト低減が可能である。
成果の活用面・留意点1.
排液率を20 %程度となるように給水量を調節する。
2.
「とちおとめ」は「さちのか」よりもチップバーンの発生が早く、多くみられたことから、品種により微量要素入り緩効性肥料180日タイプの株当たり施肥量を変える必要がある。
3.
微量要素の含まれていない緩効性肥料を使用すると欠乏症状が発生し、生育不良となるため、微量要素入り緩効性肥料を用いる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~2002
研究担当者玉置学、東善敏、角田和利
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat