割球分離法による経膣採卵由来体外受精胚からの一卵性双子生産

割球分離法による経膣採卵由来体外受精胚からの一卵性双子生産

タイトル割球分離法による経膣採卵由来体外受精胚からの一卵性双子生産
要約2細胞期の体外受精胚を割球分離することにより、胚の発生能を損なうこと無く遺伝的に同一な2つの胚を作出できる。また、割球分離法を経膣採卵由来体外受精胚に適用することによる一卵性双子生産に成功し、本手法が分割卵検定へ応用可能であることを確認した。
担当機関広島畜技セ 生物工学部
連絡先08247-4-0331 / cgckikaku@pref.hiroshima.jp / cgckikaku@pref.hiroshima.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらい広島県では、マイクロブレードを用いた体内受精由来胚盤胞の切断2分離による一卵性双子生産技術を活用した種雄牛造成に取り組んでいるが、一卵性双子生産効率は高くない。近年の経膣採卵・体外受精技術の発展により、一頭の優秀雌牛からの胚作出効率は飛躍的に向上した。そこで本研究では、経膣採卵・体外受精に由来する2細胞期胚の割球分離によるtwin胚作出と一卵性双子生産の検討を行う。
成果の内容・特徴1.
体外受精培地には修正タイロード液を用い、発生培養は受精後72時間まではBSA加CR1-aaによる非共培養、72時間以降はウシ胎児血清加CR1-aaによるVero細胞との共培養を行う。
2.
と体由来卵子の体外受精後の卵割頻度は体外受精後26~27時間を頂点とした一峰性の分布となる(図1)。
3.
28時間目までに均等に2細胞に卵割した と体由来体外受精胚の透明帯を除去後、軽くピペッティングすることにより割球分離を行えば、同時期に卵割した無処理の対照区と比較して差の無い発生率が得られる(表1)。
4.
体外受精後7日目に胚盤胞に発育したと体由来分離胚の内細胞塊、栄養膜および総細胞数は対照区の半分程度となる(表2)。
5.
経膣採卵由来体外受精胚の分離後の発生率について調査した結果、63.2%(24/38)の胚盤胞が得られた。また、分離した胚の双方が胚盤胞へと発育するTwin胚は19組のうち10組、52.6%得られた(表3)。
6.
得られたTwin胚9組を9頭の受胚牛へ移植した結果、5頭が受胎した。1頭は流産したが、4頭が4組の双子を分娩した(図2)。
成果の活用面・留意点1.
経膣採卵由来体外受精胚の割球分離により一卵性双子生産が可能である。
2.
得られた雄双子1組は、種雄牛候補として分割卵検定を行っている。
3.
卵割時期及び分離胚の発生率は、受精培地および発生培地により変動があると考えられる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分国補(地域先端)
研究期間2002~2003
研究担当者今井昭、松重忠美、尾形康弘、尾崎陽子
発表論文1) 今井、尾形、松重(2002) 広島獣医学雑誌 17:9-13.
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat