愛媛県平坦部における水稲疎植栽培に適した移植時期

愛媛県平坦部における水稲疎植栽培に適した移植時期

タイトル愛媛県平坦部における水稲疎植栽培に適した移植時期
要約愛媛県平坦部での11.1株/m2の慣行栽培とかわらない移植時期は、「あきたこまち」が4月下旬から5月中旬、「こいごころ」、「ヒノヒカリ」が6月上中旬である。
キーワードイネ、疎植栽培、移植時期、収量、品質
担当機関経営流通室
愛媛農試 栽培開発室
連絡先089-993-2020 / kimura-hiroshi@pref.ehime.jp / kimura-hiroshi@pref.ehime.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい水稲疎植栽培は、苗箱数の削減により低コスト化が図れる栽培法として注目されている。現場では、疎植栽培が徐々に普及してきているが、品種、作期が様々で18.5株/m2の慣行栽培と同様に栽培しており移植時期が定まっていない。
そこで、愛媛県平坦部における水稲疎植栽培に適した移植時期について、収量、品質の面から検討する。
成果の内容・特徴
  1. 「あきたこまち」の11.1株/m図2)。
  2. 6月上旬から中旬移植の「こいごころ」、「ヒノヒカリ」は11.1株/m表1)。

成果の活用面・留意点
  1. 11.1株/m2の疎植栽培の条間は慣行栽培と同様の30cmとし、株間を30cmに拡大する。
  2. 1株当たりの植え付け本数は、慣行栽培と同等の5本程度とする。
  3. 中干しは、茎数が概ね350本/m2以上確保されてから実施する。

具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単、地域実用化
研究期間1996~2003
研究担当者木村 浩、森重陽子、杉山英治、住吉俊治、川崎哲郎、河内博文
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat