半促成ハウスナスの養液土耕栽培による高品質・高収量化技術

半促成ハウスナスの養液土耕栽培による高品質・高収量化技術

タイトル半促成ハウスナスの養液土耕栽培による高品質・高収量化技術
要約3~11月に収穫するナスの半促成養液土耕栽培では、窒素成分5.8~6.3kg/aの施肥量で収量、秀優品率が高くなり、つやなし果も少なく、肥料が効率的に利用される。
キーワードナス、養液土耕、施肥量、葉柄汁液中硝酸イオン濃度、つやなし果
担当機関愛媛農試 栽培開発室
連絡先089-993-2020 / yoshida-takashi2@pref.ehime.jp / yoshida-takashi2@pref.ehime.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい愛媛県には3月~11月に収穫するハウスナスが、伊予市を中心に約26haで栽培されているが、連作に伴う土壌への塩類集積や肥料成分バランスの不均衡を生じ、作柄が不安定となっている。
そこで、養液土耕栽培を導入することによって、塩類集積の解消、高品質安定多収が得られる効率的な肥培管理技術を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 窒素施用量は土耕栽培よりも21%少ない6.2kg/aで、土耕栽培より10%程度の増収が期待できる(表1、2)。
  2. 養液土耕栽培は、施肥窒素が効率的に利用されており、土壌中無機態窒素量は、土耕栽培よりも著しく減少させることができる(表1)。
  3. 高温期の秀品率を低下させるつやなし果は、養液土耕栽培で発生割合が少なくなる(表2)。
  4. 葉柄汁液中硝酸イオン濃度(展開第3葉)は気象条件や着果状況により変動が見られ、その濃度は4,000~8,000ppmである(図1)。

成果の活用面・留意点
  1. 定植から活着までは、手がけで給液する。
  2. 給液量は、土壌水分がpF1.8~2.2になるよう調節する。

具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2004
研究担当者吉田 孝、東 善敏、才木康義、大森誉紀
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat