完熟たい肥を脱臭材とするたい肥切り返し後の悪臭抑制実証試験

完熟たい肥を脱臭材とするたい肥切り返し後の悪臭抑制実証試験

タイトル完熟たい肥を脱臭材とするたい肥切り返し後の悪臭抑制実証試験
要約完熟たい肥を脱臭材とする「たい肥脱臭」による悪臭の抑制効果を検討した結果、たい肥切り返し直後の悪臭除去率はアンモニアで95~100%、硫黄化合物類で90~99%と高い値を示す。
キーワード家畜ふん尿、たい肥、脱臭、アンモニア、硫黄化合物
担当機関鳥取中小畜試 環境・養鶏研究室
連絡先0859-66-4121 / tomitanis@pref.tottori.jp / tomitanis@pref.tottori.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、普及
背景・ねらい地域と調和した畜産経営を行っていくためには、たい肥舎の悪臭対策への取り組みが不可欠であり、効率的な悪臭抑制技術の確立が急務である。悪臭発生源としては畜舎及びたい肥化施設などが挙げられるが、その中でもたい肥化施設で高濃度の悪臭が発生し、特にたい肥化開始時及び切り返し時の悪臭は極めて濃度が高く、これが苦情の要因となる場合が多い。
そこで、低コストで省力的と思われる完熟たい肥を脱臭材として活用した「たい肥脱臭」の悪臭抑制効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. たい肥脱臭装置は、開放型のたい肥舎から悪臭が舎外に漏れないように生豚ふん(約20m3)をビニールシートで覆い、捕集した悪臭を送風機によって牛ふん及び豚ふん完熟たい肥(約3.5m3ずつ)の各々に低部から通気させる構造である(図1)。生豚ふんを切り返した直後の、牛ふん及び豚ふん完熟たい肥通気後の臭気濃度を表1に示す。
  2. 春期は、アンモニアが牛ふん及び豚ふん完熟たい肥ともに99%以上、4種の硫黄化合物は合計で牛ふん完熟たい肥で98%以上、豚ふん完熟たい肥で90%以上が除去できる(表1)。
  3. 冬期は、アンモニアが牛ふん及び豚ふん完熟たい肥ともに95%以上、4種の硫黄化合物も合計で93%以上が除去できる(表1)。
  4. 以上から春期と冬期の脱臭能力の比較で、アンモニアの除去率は冬期が低下する傾向を認める。また、豚ふん完熟たい肥と牛ふん完熟たい肥の脱臭能力は、大きな差がみられない。

成果の活用面・留意点
  1. このたい肥脱臭による悪臭抑制技術は、牛ふんや鶏ふんに対しても活用できる。
  2. 脱臭槽の完熟たい肥は乾燥しない程度の散水により脱臭能力が3か月以上維持される。

  3. このたい肥脱臭装置の設置費は約33万円程度(屋根材は除く)、ランニングコストは通気ブロアの電気代だけの約9,000円/月程度と、ロックウール脱臭装置と比較して非常に低コストな装置である。

  4. 原臭のアンモニア濃度が常時200ppm以上発生している場合は、十分な脱臭能力は期待できない可能性がある。

具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2003
研究担当者庄野俊一、富谷信一
発表論文庄野ら(2004)日本畜産環境学会会誌 3(1):28.
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat