パンジー用土の理化学性と生育について

パンジー用土の理化学性と生育について

タイトルパンジー用土の理化学性と生育について
要約優良なパンジーが生産できた用土の三相分布は、pF1.5で固相:液相:気相=20:35:45であった。気相率が低い場合には、もみ殻の5%加用で気相率を5~10%高めることができる。肥料混和後、30℃以上の高温下で保存すると、一時的な高EC障害を招く。
キーワードパンジー、理化学性、もみ殻、高EC
担当機関鳥取園試 花き研究室
連絡先0858-37-4211 / kishimotomasayuki@pref.tottori.jp / kishimotomasayuki@pref.tottori.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらいパンジーは本県花壇苗の主力品目だが、高ECによる生育不良や過湿による発根障害など、用土に関するトラブルが毎年多発する。そこで、良品生産のための基礎資料を得るため、県内生産者の鉢上げ用土を集めて、パンジー用土の理化学性について調査する。また、基肥として多く使用される被覆燐硝安加里(商品名:ロング424-100)肥効を調査し、適正管理の資とする。
成果の内容・特徴
  1. パンジー用土の目標三相分布は、pF1.5の液相が35%、気相が45%程度、pF2.7の液相が25%、気相が55%程度とする。
  2. 液相率が高く、気相率が低い用土は根傷みを生じやすいことから、対策としてもみ殻を5%混合すると、気相率が5~10%増加する(図1)。
  3. 地上部、地下部とも旺盛に生育し、要素障害が見られない用土の化学性から、各要素 の上限および下限を決定した(表1)。
  4. ECが上限を越え、定植直後の気温が30℃を上回る日が1週間程度続くと、発根不良を誘発し、株張りが著しく劣った(図2)。
  5. 基肥に被覆燐硝安加里を用い、ハウス内などの高温となる場所に1ヶ月以上保管するとECが極端に高まる(図3)。したがって、肥料混和後の用土は涼しい日陰に保管したり、遮熱シートで被覆するなど、保管場所や保管方法に留意する。
成果の活用面・留意点
  1. 結果は、2003年(34用土)、2004年(24用土)の調査による。
  2. 播種は7月下旬~8月中旬。育苗は288穴のセルトレイ。品種はLRアリルエローによる。
具体的データ
図1
表1
図2
図3
予算区分県単
研究期間2003~2004
研究担当者岸本真幸、鷹見敏彦
発表論文岸本・鷹見 (2005) 園芸中四国支部要旨 44, 2005:54
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat