リモニウムの12月出荷作型における苗冷蔵ポリポットの小サイズ化

リモニウムの12月出荷作型における苗冷蔵ポリポットの小サイズ化

タイトルリモニウムの12月出荷作型における苗冷蔵ポリポットの小サイズ化
要約リモニウムの苗冷蔵12月出荷作型において、7.5cmポリポットを使用しても冷蔵処理の効果が得られる。
キーワードリモニウム、12月出荷作型、苗冷蔵、開花調節
担当機関香川農試 花き担当
連絡先087-889-1121 / vf7529@pref.kagawa.lg.jp / vf7529@pref.kagawa.lg.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい12月出荷作型では、通常、直径12cmのポリポットを用いて苗冷蔵を行っているが、12cmポリポットでは 1回の冷蔵で処理可能なポット数が少ないためにコスト高になり、1作当たりの作付け面積が限られる。
そこで、苗購入時の7.5cmポリポットをそのまま使用、もしくは、セル苗を7.5cmポリポットに鉢上げして、 冷蔵庫の効率的な利用を図るため、小サイズポットでの冷蔵効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 供試品種において、従来の冷蔵処理方法で、7.5cmポリポットを使用しても枯死株はなく、抽台率は 100%となる(表1)。
  2. ポリポットの大きさの違いによる平均抽台日は、品種によって異なるが、冷蔵時のポットサイズを 12cmから7.5cmとすることで、「京錦」では1週間程度遅れ、「イチゴポンポン」では16日早まる (表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 供試品種以外の品種については、苗冷蔵の効果及びポットサイズの影響が不明であるため、 技術導入前に適性を調査する必要がある。
  2. 定植後の高温遭遇は、冷蔵処理の効果を消失させる可能性があるため、平均気温が25℃以下になって 定植する。
  3. 冷蔵処理中は、冷蔵庫内温度を5℃に保ち、電照は、白色蛍光灯を用いて16時間日長とし、苗との 距離は15cm程度とする。
具体的データ
表-1
予算区分県単
研究期間2002~2006
研究担当者山本和人、瀬尾龍右
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat