飼料用稲の乾田散播直播栽培における堆肥および基肥施用法

飼料用稲の乾田散播直播栽培における堆肥および基肥施用法

タイトル飼料用稲の乾田散播直播栽培における堆肥および基肥施用法
要約飼料用稲(品種:クサノホシ)の乾田散播直播栽培では、3年間は10aあたり堆肥5tに被覆尿素を 窒素成分で4kg施用すればリン酸、加里は施肥しなくても慣行以上の収量が得られる。乾田散播直播栽培では 堆肥を連用しても飼料用稲が加里過剰となるおそれは小さい。
キーワード飼料用稲、クサノホシ、乾田散播直播、窒素利用率、堆肥
担当機関広島農技セ 環境資源研究部
連絡先082-429-2590 / ngckanshigen@pref.hiroshima.jp / ngckanshigen@pref.hiroshima.jp
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい飼料用稲は地上部全てを収穫物としてほ場から持ち出すため、堆肥等を投入して地力を維持向上する 必要がある。そこで乾田散播直播栽培における堆肥の連用が飼料用稲の生育や土壌に及ぼす影響を検討し、 牛ふん堆肥施用における施肥体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 飼料用稲(品種:クサノホシ)の乾田散播直播栽培において、被覆尿素入り複合肥料を用いる慣行の 施肥(窒素成分で8kg/10a施用)では収量は年々低下する。堆肥(1年目牛ふん堆肥(0.7%N)、 2年目菌床堆肥(1.17%N)、3年目牛ふん堆肥(0.75%N))を5t/10a(春施用)連用すると 3年目には慣行と同等の収量が得られ、堆肥5t/10aに被覆尿素(窒素成分で4kg/10a)を併用すると 連用1年目、2年目には慣行とほぼ同等の収量が得られ、連用3年目には慣行以上の収量が得られる (表1)。
  2. 被覆尿素の窒素利用率は初年目に約60%、2年目以降に約30%と低下する (表1)。これは減水深の増加(1年目:20mm/日、 2~3年目:30mm/日)による分げつの抑制(2004年2.5~3.5本/個体、2006年1.5~2.7本/個体)や 窒素の溶脱増加(データなし)のためと考えられる。牛ふん堆肥の窒素利用率は約6%である (表1)。
  3. 牛ふん堆肥を5t/10a施用すると、土壌全窒素は作土深を10cm、仮比重を1.0と仮定すれば年に 約22kg/10a増加し、堆肥無施用では毎年約3kg/10a減少する(図1)。
  4. 乾田散播直播栽培で牛ふん堆肥を5t/10a施用すればリン酸、加里を施肥しなくても慣行施肥に 比べて植物体リン含有率と土壌の可給態リン酸量に大きな差はない。土壌交換性加里はやや増加するが、 植物体カリウム含有率の増加はわずかで(表3)牛の飼料としての 基準を満たし(2.0%以下)、マグネシウム及びカルシウムとの当量比[K/(Ca+Mg)]も処理間で差がなく 約1.4で危険値(2.2)を下回る。このため飼料用稲が加里過剰になるおそれは小さい。
成果の活用面・留意点
  1. 堆肥散布後に降雨等で土壌水分が多くなり湛水直播栽培に変更する場合は基肥窒素量を減らす 必要がある。
  2. 3年間の結果であり、4年目以降は前年までの生育経過を見て被覆尿素肥料または堆肥の量を 調節する必要がある。
具体的データ
表1
図1
表2
予算区分受託
研究期間2003~2006
研究担当者金本健志、谷本俊明、貝淵由紀子、下澤秀樹、前田光裕
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat