砂地畑ニンジン栽培における省力で環境負荷の少ない施肥法

砂地畑ニンジン栽培における省力で環境負荷の少ない施肥法

タイトル砂地畑ニンジン栽培における省力で環境負荷の少ない施肥法
要約砂地畑ニンジン栽培において、基肥に被覆肥料を施用し、追肥を有機入り化成肥料で1回行うことにより、4回追肥を行う慣行に比べて減肥が可能で、省力化が図られるとともに、窒素の溶脱も抑制できる。
キーワード被覆肥料、省力、減肥、窒素溶脱、砂質土壌、ニンジン
担当機関岡山農総セ 農試 化学研究室
連絡先086-955-0532
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい砂地畑ニンジン栽培では、多灌水であるため、窒素が溶脱しやすく、施肥窒素による地下水汚染が懸念される。そこで、被覆肥料を用いることで追肥回数を削減するとともに、地下への窒素の溶脱を減少させ、環境負荷の少ない施肥法を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 2003~2005年度に、LP・IB等の肥効調節型肥料を用いて全量基肥で栽培すると、追肥を4回行う慣行栽培に比べてやや減収し、年次間変動も大きくなる(図1)。これは、栽培期間中に気温が低下していく作型において、生育最盛期の10月中下旬以後の肥効が、肥効調節型肥料を用いた全量基肥では不安定であることが原因である。なお、基肥施用後、20日程度はニンジンの生育量は小さいが、慣行栽培では、この期間高い肥効パターンを示しているため、窒素の溶脱が多くなると考えられる(図2)。
  2. 施肥してから20日程度で溶出を開始するシグモイド型の被覆肥料であるLPS60を基肥に施用し、有機入り化成肥料を追肥で1回施用すると(LPS区、2006年度)、4回追肥を行う慣行区に比べて、ほぼ同等の収量を得ることが可能である(表1)。また、LPS区は、慣行区に比べて7%程度肥料代を削減できる。
  3. 深さ55cmにおける土壌溶液中の硝酸態窒素濃度は、栽培期間を通して慣行区に比べてLPS区で低く推移し、窒素の溶脱を抑制できる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、砂質土壌で実施した結果である。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分国補
研究期間2003~2006
研究担当者朝木隆行、荒木卓久、伊藤淳次、角 治夫
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat