粗繊維と蒸葉温度を指標とする蒸機操作

粗繊維と蒸葉温度を指標とする蒸機操作

タイトル粗繊維と蒸葉温度を指標とする蒸機操作
要約蒸機の操作条件を設定するために必要な生葉の熟度等の判定には、生葉の粗繊維(ここでは灰分を含む中性デタージェント繊維)が、また、蒸葉温度は、蒸熱状態を判断し蒸機の操作に反映させる指標として利用でき、生葉投入量との関連が強い。
キーワードチャ、蒸熱工程、中性デタージェント繊維、蒸葉温度
担当機関京都茶研 製造課
連絡先 0774-22-5577
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類技術、参考
背景・ねらい
蒸機の操作は、熟練者が生葉の硬化程度により熟度等の特性を判定して設定し、得られた蒸葉についても手にもった温度等の触感により操作の適否を判断し、修正を加えることにより適切に管理されている。
そこで、熟練者の判定に代わる指標として、熟度等は生葉の粗繊維を表す、灰分を含む中性デタージェント繊維含有率(以下NDF+Ash)を、蒸葉温度は放射温度計による測定値を用いることで、熟練者の判断を数値化する。
成果の内容・特徴
  1. 生葉の熟度等の特性を、熟練者が判定し行う適蒸し状態の蒸機操作条件と、生葉のNDF+Ashとの間には、一定の関係が見られ、特に生葉投入量や胴傾斜角度との関連が強い(図1)ことから、NDF+Ashを生葉の熟度の指標とすることができる。NDF+Ashに応じた蒸熱条件の設定例は(表1)のとおりである。
  2. 蒸葉温度は、蒸し胴から排出され直角に配置された冷却コンベヤ上に落下(胴から38~48cm下)した直後の蒸葉を、真上から放射温度計(TASCO THI-700)で測定する。
  3. 放射温度計で測定した蒸葉温度には、蒸熱状態の適否を判断する蒸葉の温度等の触感が反映され(図2)、かつ生葉投入量との関連が強い(表2)ことから、生葉投入量の適否を判断する指標として利用できる。
成果の活用面・留意点
  1. この成果の生葉のNDF+Ashは、生葉を殺青、乾燥、粉砕した試料を、静岡製機GT-8で測定した値である。簡便に生葉を直接測定する生葉判定機(カワサキ機工LGS-2等)を用いる場合は、測定にあたって校正が必要である。
  2. 蒸葉温度を測定する放射温度計は、排蒸や外気の影響を受けない場所に設置する。
具体的データ
図1
表1
図2
表2
予算区分府単
研究期間2006~2008
研究担当者堤 保三、南野貴志
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat