打込み式代かき同時土中点播による直播水稲の耐倒性の強化

打込み式代かき同時土中点播による直播水稲の耐倒性の強化

タイトル打込み式代かき同時土中点播による直播水稲の耐倒性の強化
要約代かきと同時に打込み点播することにより、湛水直播水稲の耐倒伏性が向上する。一定の広がりを与えて点播状に播種した水稲は、生育中・後期に株状の生育をし、かつ1株穂数が多く、根張りが強固となる。
担当機関九州農業試験場 企画連絡室 総合研究第1チーム
連絡先0942-52-3101
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい水稲の湛水直播栽培は稲作の省力・低コスト化技術として開発・普及されているが、省力性の高い散播直播栽培では播種深度が浅く、転び苗や浮き苗が発生し易く、また生育後期において転び型倒伏も発生し易く、収量変動の大きな要因となっている。そこで、代かき同時播種によって省力化を図りつつ、同時に打込み点播あるいは条播を可能とする播種機を開発し、同機を用いて播種した点播および条播水稲について、倒伏に関与する押し倒し抵抗値、根張り等を調査した。なお、移植水稲も参考にして一部調査に加えた。
成果の内容・特徴
  1. 打込み式の代かき同時土中点播栽培では、打込まれた種子の分布がほぼ楕円状になり、条方向への株幅(長径)が8センチメートル前後、これと直角の幅(短径)が5センチメートル前後で(図1)、生育中・後期には株状の生育をする。また、種子の打込み面が広く、1株穂数が多くなり、根張りが強固となる。
  2. 代かきと同時に打込み播種を行うため、1株内でも出芽深の変異がかなり大きくなるが、表層近くに分布するものは少ない(図2)。
  3. 根系の発達部位は移植栽培に比べて浅くなるが、株当たりの根数は多い傾向である(図3)。
  4. 点播直播水稲は、条播直播水稲に比べて押倒し抵抗値が大きく(図4)、また転び型倒伏の様相もほとんど認められないことから、打込み式の点播によって湛水直播水稲の耐倒伏性は強化される。
成果の活用面・留意点
  1. 湛水直播水稲栽培の安定化が図られる。
  2. 上記の成果は、代かき同時土中播種機による播種(点播・条播)で、麦作跡水田(灰色低地土)で得られたもので、播種後10日間の日平均気温が21.0度であった。
  3. 代かき水は通常より少な目とし、麦稈等の浮遊のない程度にする。
  4. 播種後は自然落水させ、出芽時まで落水管理した。
  5. 点播区の収量はヒノヒカリが62.7キログラム/アール、ユメヒカリが66.1キログラム/アールであり、条播区ではヒノヒカリ及びユメヒカリとも60.0キログラム/アールであった。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3)
(図4)
予算区分総合的開発研究(次世代稲作)
研究期間1995~1997
発表論文1.水稲の代かき同時土中直播栽培の確立に関する研究、2.点播水稲と条播水稲の押倒し抵抗の比較、日本作物学会第201回講演会
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat