帰化雑草コヒメビエの水田条件での出芽特性とその防除

帰化雑草コヒメビエの水田条件での出芽特性とその防除

タイトル帰化雑草コヒメビエの水田条件での出芽特性とその防除
要約帰化雑草コヒメビエの種子の発芽は15度程度の低温や水中条件では不良である。湛水代かき条件での出芽は在来のノビエに比べて劣り、出芽深度も1cm程度であるが、一時的な落水によって深い位置からも出芽可能となる。既存の除草剤はコヒメビエに対して高い殺草効果を示す。
担当機関九州農業試験場 水田利用部 雑草制御研究室
連絡先0942-52-3101
区分(部会名)九州農業
専門雑草
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい九州地域の水田に近年侵入したインド原産のイネ科ヒエ属雑草コヒメビエ(Echinochloa colonum Link.)に対する防除方法の確立は急務である。そのため在来のノビエとの比較によって生態的特性を明らかにし、耕種的防除のポイントを明確にする。また、従来のノビエに有効な既存の除草剤による殺草効果を検討した。
成果の内容・特徴
  1. コヒメビエ種子はろ紙上では15~30度で発芽可能であるが、15度程度の低温で発芽低下し、水中条件ではほとんどが発芽しない(図1)。
  2. コヒメビエは在来のノビエに比べて、湛水し代かきがなされた条件での出芽に劣り(図2)、常時湛水条件での出芽深度は1cm程度であるが、一時的な落水によって5cm以上の深い位置からも出芽可能となる(表1)。
  3. 在来のノビエに対して有効な既存の除草剤はコヒメビエに対しても高い殺草効果を示す(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. コヒメビエは水中や湛水代かき条件での発芽や出芽が劣ることから、コヒメビエが侵入した水田では田面が露出しないような水管理を行い発生を抑制する。
  2. 除草剤の使用については、在来種に対して有効な既存の剤で充分な防除効果が期待できるので、基準通り使用する。
  3. 中干しや湛水直播田での芽干しはコヒメビエの発生を促進させるので、その後の防除対策を講じる必要がある。
具体的データ
図1
図2
表1
表2
予算区分一般別枠(地球環境)、特研(強害雑草)
研究期間1996~1996
発表論文コヒメビエの生態と防除に関する研究 第1報、日作九支報、62、1996。第60回九州農業研究発表会(平成9年9月)で発表予定
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat