部分耕播種とロールベール収穫を組み合わせたスーダングラスの一貫省力栽培技術

部分耕播種とロールベール収穫を組み合わせたスーダングラスの一貫省力栽培技術

タイトル部分耕播種とロールベール収穫を組み合わせたスーダングラスの一貫省力栽培技術
要約九州農業試験場で開発中のスーダングラスの部分耕播種技術を、3年間にわたって現地農家に導入し、部分耕播種、スラリーの追肥利用、ロールベール収穫調製から成るスーダングラスの一貫省力栽培技術を確立した。
担当機関九州農業試験場 草地部 飼料生産管理研究室
連絡先096-242-1150
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象飼料作物類
分類普及
背景・ねらい畜産農家では労力不足のため、粗飼料の生産方法をできるだけ省力化しようとしている。ロールベーラの導入により収穫調製はかなり省力化されたが、より一層の省力生産を実現するためには、播種から収穫調製まで一貫した省力栽培技術を確立する必要がある。
成果の内容・特徴
  1. スーダングラスの播種は、イタリアンライグラス2番草収穫直後の6月下旬に部分耕播種機を用いて行う。本作業機は一行程で部分耕(幅30cm)、施肥(成分5kg/10a)、播種(6kg/10a)、覆土、鎮圧の諸作業ができる(表1、写真)。
  2. 部分耕法で播種したスーダングラスの発芽は良好であり、播種後3週頃(草丈約40cm)のスラリー散布(3t/10a・N量3kg)も生育に悪影響はない。8月上旬に1番草、9月中下旬に2番草をラップサイレージに調製できる。
  3. 部分耕法の収量は1、2番草合わせて生草で約12t/10a、乾物で約1.3t/10aであり、慣行法に優る(表2)。この要因は、部分耕法が慣行法より2週間程度早播きであるためである。
  4. 収穫調製はロールベール体系(トラクター98ps、モアコン、テッダーレーキ、ロールベーラ、ラッパー他)で行う(表3)。
  5. 部分耕法の播種から収穫調製までの全作業時間は約140分/10aであり、この時間は慣行法の55%、堆肥散布を除いて比較しても79%である。部分耕法の省力化の要因は、播種関連作業の簡略化と堆肥散布の省略にある(表3)。
  6. 農家の評価:部分耕法は作物の切替が早くでき、作業も楽である。実証農家は飼養頭数(約100頭)が多く、労力(2.0人)に逼迫した西南暖地の典型的な酪農家である。
成果の活用面・留意点
  1. 本技術は、ロールベーラを利用した夏作粗飼料生産のより一層の省力化に有効である。
  2. ハリビユ等の雑草多発圃場では、スーダングラスの生育初期に除草剤(MCP剤)を散布する。また、スラリーの散布は土中注入方式が望ましい。
具体的データ
表1
写真
表2
表3
予算区分営農合理化(地域総合)
研究期間1996~1997
発表論文部分耕播種とロールベーラ収穫によるスーダングラスの省力生産技術、日草誌42別、1996。
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat