サイレージ用とうもろこし育種素材における茎部消化性の変異と遺伝

サイレージ用とうもろこし育種素材における茎部消化性の変異と遺伝

タイトルサイレージ用とうもろこし育種素材における茎部消化性の変異と遺伝
要約とうもろこし育種素材の茎部の高消化性分画含量には著しい異変がある。その遺伝には一般組合せ能力が重要で、中間親とF1組合せの間には正の相関がある。また、高消化性分画含量と乾雌穂重割合との間には負の相関がある。
担当機関九州農業試験場 畑地利用部 飼料作物育種研究室
連絡先0986-22-1506
区分(部会名)九州農業
区分(部会名)草地
専門育種
研究対象飼料作物類
分類研究
背景・ねらい従来、サイレージ用とうもろこしでは乾雌穂重割合が高いほど栄養価が高いと考えられてきたが、最近、普及F1品種の茎葉消化性に顕著な品種間差異があることが判明した。また、茎葉消化性は着雌穂節直上節間の消化性と高い相関を示すことが明らかにされた。そこで、栄養価が高い品種を育成する上での基礎的情報を得るため、育種素材の茎部消化性の変異と遺伝を明らかにしようとした。
成果の内容・特徴
  1. 育種母材改良集団の(OCC+Oa)含量には6.6%の変異があり、フリント種で高くデント種で低い傾向がある(表1)。
  2. エリート自殖系統の(OCC+Oa)含量には25.7%の変異がある(表2)。
  3. OCCおよび(OCC+Oa)含量では一般および特定組合せ能力がいずれも有意であるが、一般組合せ能力が重要である。また、Oa含量では一般組合せ能力のみが有意である(表3)。このため、(OCC+Oa)含量にはF1組合せと中間親との間には正の相関がある(図1)。
  4. F1組合せの(OCC+Oa)含量と乾雌穂重割合との間には負の相関がある(図2)。したがって、地上部全体の栄養価を高めるためには、茎葉消化性と乾雌穂重割合を総合的に評価することが重要である。
成果の活用面・留意点
  1. 高茎葉消化性品種を育成するための基礎資料として用いることができる。
  2. 本成果はbm等の繊維の消化性に関与する主働遺伝子を利用する場合には適用できない。
具体的データ
表1
表2
表3
図1
図2
予算区分経常
研究期間1996~1996
発表論文飼料用トウモロコシの育種母材集団に見られた茎部消化性の変異、育雑45(別2)236、1995。
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat