イグサ連作田におけるソルゴーのすき込みによるイグサの収量および品質向上

イグサ連作田におけるソルゴーのすき込みによるイグサの収量および品質向上

タイトルイグサ連作田におけるソルゴーのすき込みによるイグサの収量および品質向上
要約イグサ―休閑体系の連作田において、イグサの後にソルゴーを無肥料で栽培し出穂前にすき込むと、後作イグサの収量及び品質が向上する。
担当機関福岡県農業総合試験場 筑後分場 い草研究室
連絡先0944-32-1029
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象工芸作物類
分類普及
背景・ねらい近年、イグサ作は、収量低下及び老熟に伴う部分変色茎の増加が問題となっている。その原因は長年の連作に伴う化学肥料の多量施用や有機物不足による地力低下、土壌理化学性の悪化が考えられる。そこで、イグサ―休閑体系のイグサ連作田において、イグサ作後に緑肥作物のスーダン型ソルゴー(以下ソルゴー)を栽培してすき込むことで、有機物の補給、イグサ後地の残留肥料成分の利用および土壌理化学性の改善を図り、イグサの収量及び品質を向上する技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. イグサーソルゴー体系は、イグサー休閑体系よりもイグサの伸長及び収量性が良好で、部分変色茎が少なく、また、畳表の評価でも色調、腰の強さに優れる(表1)。
  2. イグサー休閑体系の連作田において、イグサ刈取り後の7月下旬にソルゴーを4kg/10a播種し、無肥料で栽培して出穂前にすき込むと、ソルゴーの乾物生産量が多いため、イグサ跡地作土中の可給態窒素量及び腐植含量が休閑-イグサ作後よりも増加する(表2,表3)。
  3. ソルゴーの土壌中での分解は稲わらよりも速く、後作イグサの植付けまでに分解がが進むためイグサ栽培時の土壌還元障害の危険性が少ない(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. イグサ栽培指導資料として活用する。
  2. イグサ―休閑の連作の栽培体系で減収、先枯れ及び部分変色茎の増加がみられる圃場に適用する。
  3. ソルゴーのすき込みは茎の柔軟な出穂前にロータリー耕で押し倒しながら行う。
  4. ソルゴーの分解を促進させるために、すき込みから1~2週間後に再度耕耘し、すき込みからイグサ植付まで60日程度の期間をおく。
  5. ソルゴー作後のイグサの基肥及び追肥は基準量を施用する。ただし、ソルゴーの茎葉生産量が過剰な場合、後作イグサの基肥施用量を適宜減らす。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分経常
研究期間1996~1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat