水稲の麦後湛水直播における「夢いずみ(熊本3号)」の安定栽培法

水稲の麦後湛水直播における「夢いずみ(熊本3号)」の安定栽培法

タイトル水稲の麦後湛水直播における「夢いずみ(熊本3号)」の安定栽培法
要約水稲晩生種「夢いずみ(熊本3号)」の麦後湛水直播(散播、条播)における播種適期は5月下旬から6月上旬である。平方メートル当たり適正苗立本数は80本程度である。この場合の施肥体系は慣行移植に準じ、追肥は、出穂前25日(穂肥)と15日(晩期穂肥)の2回の施肥体系で収量及び品質が安定する。
担当機関熊本県農業研究センター 農産園芸研究所 作物部
連絡先096-248-6444
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい水稲作の省力・低コスト化の有効な手段として湛水直播栽培の導入があげられる。熊本県の湛水直播は中生種「ヒノヒカリ」を中心に栽培がなされているが、長稈で倒伏し易いことから直播適性の高い品種の要望が強くなっている。一方、平成9年に熊本県で奨励品種に採用した晩生種「夢いずみ(熊本3号)」は、「ヒノヒカリ」の作付が多い球磨地域並びに山麓準平坦地域を中心に普及が図られているが、転び苗の発生が少なく、耐倒伏性が強い等の特性を持っており、直播用としても普及が期待されている。そこで、「夢いずみ」の麦後湛水直播栽培を想定した栽培基準を作成するため、播種の適期幅及び施肥体系について検討を行った。
成果の内容・特徴
  1. 「夢いずみ(熊本3号)」の直播における栽培特性としては倒伏し難く、収量は「ヒノヒカリ」に比べ安定し、直播適性が高い(表1)。
  2. 6月中旬播種では晩熟による品質低下がみられることから、播種適期は5月下旬から6月上旬である(表1)。
  3. 直播における生育形質・倒伏・収量性からみた平方メートル当たり適正苗立数は80本程度である(表2)。
  4. 施肥は慣行移植に準じ、平方メートル当たり苗立数が80本程度の場合、追肥は、出穂前25日(穂肥)と15日(晩期穂肥)の2回の施肥体系で収量及び品質が安定する(表2)。
  5. 以上の苗立数及び施肥体系の指標を基に大区画圃場(1ha)で現地実証を行った結果、収量は移植に比べると9%程度直播が劣るが、条播と散播では大きな差は認められない(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 湛水表面散播直播の播種は水田土壌面が軟らかい代かき直後または代かき1日後に表面排水して実施する。
  2. 本技術の適応地域は球磨地域及び山麓準平坦地域である。
  3. ウンカ類対策として6月下旬以降の飛来時に薬剤による防除を行う。その他の、病害虫防除及び雑草防除等の栽培管理は県の耕種基準に準ずる。
  4. スクミリンゴガイの生息地では、出芽後は潤土管理等によりイネの食害防止対策が必要である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分経常・受託
研究期間1998~2000
研究担当者児嶋清、住吉正、川名義明
発表論文キシュウスズメノヒエに対するシハロホッププチルの殺草効果、日作九支報65、1999
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat