食糧用二条大麦「ニシノホシ」の播種時期と施肥量

食糧用二条大麦「ニシノホシ」の播種時期と施肥量

タイトル食糧用二条大麦「ニシノホシ」の播種時期と施肥量
要約「ニシノホシ」の播種時期は、収量、耐倒伏性、検査等級および精麦適性からみて、標準播(11月25日)が適する。施肥量(窒素成分/10a)は「ニシノチカラ」に準じ、基肥を5kg、追肥は1回目を4kg、2回目を2kgとする。福岡県農業総合試験場・農産研究所・作物品種研究室
担当機関福岡県農業総合試験場 農産研究所 作物品種研究室
連絡先092-924-2848
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象麦類
分類指導
背景・ねらい福岡県の食料用二条大麦の作付面積の確保及び高品質麦の生産拡大を図るために、「ニシノチカラ」より成熟期が早く、耐倒伏性が優れ、大麦縞萎縮病に強く、精麦特性の優れる「ニシノホシ」を平成9年に準奨励品種に採用した。そこで、「ニシノホシ」の速やかな普及と高品質生産を図るため、収量、耐倒伏性、検査等級および精麦特性からみた播種時期と施肥量を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 播種時期は、標準播(11月25日播)は早播(11月11日播)と遅播(12月10日播)に比べて「ニシノチカラ」と同程度の収量が安定して得られるとともに、検査等級は良好で精麦白度が高く優れる(表1)。早播にすると収量の年次変動が大きく、検査等級が未熟粒や被害粒により劣ることがあり、精麦白度も低くなる。遅播にすると検査等級および精麦適性は同程度であるが低収であり、稈の挫折重が小さくなり耐倒伏性が劣る(表1)。
  2. 施肥量は、「ニシノチカラ」に準じ、10アール当たりの窒素成分で基肥を5kg、追肥の1回目を4kg、2回目を2kgとする。多肥にすると収量は増加するが、稈の挫折重が小さくなり耐倒伏性が劣る。また、精麦時間が長くなり、精麦白度も低くなって精麦適性が劣る(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 麦栽培技術指針に記載し、高品質麦栽培の指導資料として活用する。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間1997~1998
研究担当者内村要介、尾形武文、松江勇次
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat