培養系の改善による耐凍性の高い牛体外受精胚の効率的生産

培養系の改善による耐凍性の高い牛体外受精胚の効率的生産

タイトル培養系の改善による耐凍性の高い牛体外受精胚の効率的生産
要約耐凍性の高い牛体外受精胚は、受精 3日目に培養液をCR1aaからβメルカプトエタノール添加TCM199へ交換し、卵丘細胞を除去した非共培養系に移行することにより効率的に生産できる。福岡県農業総合試験場・畜産研究所・大家畜部・畜産工学研究室
担当機関福岡県農業総合試験場 畜産研究所 大家畜部
連絡先092-925-5232
区分(部会名)九州農業
専門バイテク
研究対象家畜類
分類研究
背景・ねらい体外受精胚培養においては、従来、胚の発生培養液に耐凍性が高い培養液TCM199(以下199)が利用されてきた。近年、199と比較して胚の発生率が高いCR1aa(以下CR1)培養液を卵丘細胞と共培養する培養系が多く利用され始めている。しかし、この培養系は胚の発生率は高いが、凍結融解後の生存性が低いため、凍結胚移植への利用が難しい。そこで、胚の発生率の高いCR1と耐凍性の高い199を組み合わせることによる培養系の改善を試みた。ここでは、発生培養中に培養液をCR1からβメルカプトエタノール添加199(以下β-199)へ交換する際の適正な時期および培養液中の卵丘細胞の影響(共培養または非共培養)について明らかすることにより、耐凍性の高い体外受精胚を効率的に生産する技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 胚発生において、CR1からβ-199へ3日目交換の非共培養および5日目交換の両培養が、CR1で無交換・共培養法と同等またはそれ以上の高い発生率が得られる(図1,表1)。2.胚の耐凍性においては、3日目交換の両培養および5日目交換の共培養が、CR1無交換・共培養より高い耐凍性が得られる(図1,表2)。
  2. 耐凍性に優れた体外受精胚は、受精3日目にCR1からβ-199の非共培養系へ移行することによって、効率的に生産できる(図1,表1,表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 体外胚を生産・供給する機関において活用する。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~1998
研究担当者磯崎良寛、笠正二郎、上田修二
発表論文第48回西日本畜産学会大会要旨、平成9年度福岡県農業総合試験場研究報告 第18号 1999.
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat