「ヒリュウ」台によるウンシュウミカン「今村温州」の樹冠容積抑制と果実品質向上

「ヒリュウ」台によるウンシュウミカン「今村温州」の樹冠容積抑制と果実品質向上

タイトル「ヒリュウ」台によるウンシュウミカン「今村温州」の樹冠容積抑制と果実品質向上
要約「ヒリュウ」を台木にすると、ウンシュウミカン「今村温州」の樹冠容積をコンパクトに制御できる。収量は 1樹当たりでは少なくなるが、樹冠容積当たりでは多くなる。果皮色、果実糖度は、従来のカラタチ台に比較して優れている。
担当機関福岡県農業総合試験場 園芸研究所 果樹部
連絡先092-922-4111
区分(部会名)九州農業
区分(部会名)果樹
専門栽培
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらいウンシュウミカンは、高糖系といわれる品種への改植が進んでいる。しかし、従来から使用されているカラタチを台木とした場合、高糖系品種でも土層が深い園などでは必ずしも高糖度の果実が生産されない場合がある。また、高糖系として知られている「今村温州」は、果実品質が良いものの樹が大きくなりすぎ、結実も不安定である。そこで、わい性台木の「ヒリュウ」を利用した場合の「今村温州」の生育や果実収量、品質に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「ヒリュウ」を台木にすると、「今村温州」の樹齢 8年生での樹冠容積は従来のカラタチを台木にした場合の 1 / 4程度に抑制できる(図1)。
  2. 「ヒリュウ」を台木にした場合の樹齢 5年生から 8年生まで累積収量は、 1樹当たりで従来のカラタチ台を使用した場合の 1 / 3程度と少ない(表1)が、樹冠容積当たりでは 2割程度多い(図1)。
  3. 果皮の着色は「ヒリュウ」を台木にした場合、従来のカラタチ台を使用した場合よりも早くなる(表1)。
  4. 果実糖度は「ヒリュウ」を台木にした場合、従来のカラタチ台を使用した場合よりもBrix指数で 2割程度高くなる(表1)。
  5. 果実のクエン酸含量は年による差はあるが、台木による差はみられない(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 土層が深い園地に適用できる。
  2. 1樹当たりの収量が低いので、計画密植栽培を行う。
  3. 結実を始めると樹冠容積の増加程度は押さえられるので、未結実期間に樹冠の拡大を図る。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~1998
研究担当者堀江裕一郎、角利昭、涖原実、大庭義材、野方仁
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat