Immunocapture RT-PCR法によるジャガイモYウイルスの検出

Immunocapture RT-PCR法によるジャガイモYウイルスの検出

タイトルImmunocapture RT-PCR法によるジャガイモYウイルスの検出
要約バレイショ葉から Immunocapture RT-PCR法 によりジャガイモYウイルス(PVY)の高感度な検出を迅速に行うことができる。長崎県総合農林試験場・環境部・病害虫科
担当機関長崎県総合農林試験場 環境部 病害虫科
連絡先0957-26-3330
区分(部会名)九州農業
専門作物病害
研究対象いも類
分類研究
背景・ねらい長崎県のバレイショ栽培においてモザイク症状、地上部のえそ症状等のウイルス病様症状の発生が近年増加傾向にあり問題となっている。病原体の早期発見方法の確立のため、病原ウイルスの一つと考えられるジャガイモYウイルス(potatovirusY;PVY)のImmunocaptureRT-PCR法による検出を試みた。
成果の内容・特徴
  1. ImmunocaptureRT-PCR法(図1)により、PVY純化ウイルス溶液1ml当たり1ngの濃度までウイルスの検出が可能である(図2)。
  2. ImmunocaptureRT-PCR法は間接ELISA法(血清学的手法)に比較して10倍検出感度が高い。
  3. ImmunocaptureRT-PCR法では、PVY感染バレイショ葉の磨砕液を100、1000倍に希釈した溶液からのウイルス検出が可能である(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. RT-PCR法において煩雑であった植物体からのRNAの抽出作業を省略し、作業をより簡略化できる。
  2. バレイショ葉磨砕10倍液では植物由来成分による阻害が考えられるので、検出の際は100倍以上の希釈が適当である。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~1998
研究担当者小川哲治
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat