早期水稲コシヒカリにおける被覆尿素肥料の冬期施肥法

早期水稲コシヒカリにおける被覆尿素肥料の冬期施肥法

タイトル早期水稲コシヒカリにおける被覆尿素肥料の冬期施肥法
要約早期水稲「コシヒカリ」の全量基肥施肥を被覆尿素肥料を用い、比較的降雨の少ない低温期(2月から3月上旬)に行うと、移植期まで肥料の溶出はほとんどなく、収量は対照に比べて10から15%程度増収し、省力化と施肥期の拡大が図れる。宮崎県総合農業試験場・環境部
担当機関宮崎県総合農業試験場 環境部
連絡先0985-73-2124
区分(部会名)九州農業
専門肥料
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい早期水稲の施肥は、従来は植代施肥で移植期の数日前に行われていたが、高齢化、兼業化、規模拡大など様々な農業環境の変化により、移植期の1ヶ月程度前から、粒状配合肥料を乾田状態で施肥する農家がみられ、環境保全の点で問題があるため、環境への負荷が少なく、省力的でしかも施肥期の拡大が出来る施肥法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 早期水稲「コシヒカリ」栽培において、シグモイドタイプ(100日)とリニアタイプ(40日)の被覆尿素肥料を7:3に混合し、2月と3月上旬に全量基肥施肥(N8kg/10a)すると、単位当たりの粒数が増加し被覆尿素肥料区は対照に比較して10~15%程度増収する(表1)。
  2. 2月から3月の低温時期の平均地温は、摂氏15度以下で推移する(図1)。
  3. 被覆尿素肥料からの窒素の溶出は、移植期までほとんど見られない(図2)。また、被覆尿素肥料からの溶出パターンは、施肥時期に関係なくほぼ同様の溶出パターンを示し、施肥期が拡大できる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 宮崎県の早期水稲地帯に適用できる。
  2. 湿田では、肥料が溶出する恐れがあるので適用しない。
  3. リン酸、加里はPK肥料で施す。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分受託
研究期間1997~1997
研究担当者横山明敏、黒木正晶、三浦猛夫
発表論文九州農業研究60号(1998)
平成9年度宮崎県土壌肥料試験成績書
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat