細粒灰色低地土水田における稲麦わら堆肥の連用効果

細粒灰色低地土水田における稲麦わら堆肥の連用効果

タイトル細粒灰色低地土水田における稲麦わら堆肥の連用効果
要約細粒灰色低地土では化学肥料単用で栽培すると、腐植が減少する。腐植を維持できる稲麦わら堆肥の年間施用量は最低1t/10aである。稲麦わら堆肥の連用により生育が良くなり、増収する。宮崎県総合農業試験場・環境部・環境保全科
担当機関宮崎県総合農業試験場 環境部 環境保全科
連絡先0985ー73ー2124
区分(部会名)九州農業
専門土壌
研究対象水稲及び小麦
分類指導
背景・ねらい稲、麦体系での土壌生産力の変動を把握するため、細粒灰色低地土において稲麦わら堆肥、珪カル、苦土石灰の長期連用を行い、土壌の理化学性の変化と水稲、小麦に対する影響を調査し、地力維持、安定生産の基礎資料とする。
成果の内容・特徴
  1. 水稲跡地土壌の腐植は稲麦わら堆肥1t/10a/年で、試験開始時とほぼ同じ値を示し、無窒素、化学肥料では8~5%減少、稲麦わら堆肥2t+資材、稲麦わら堆肥4tで3~16%増加する(表1)。
  2. 腐植の変化を経年的に見ると、稲麦わら堆肥の連用で初期から差が出るが、稲麦わら堆肥4tでは、特に腐植が蓄積する(図1)。
  3. 水稲跡地土壌の化学性では、交換性石灰は稲麦わら堆肥2t+資材、稲麦わら堆肥4tが多く、交換性カリ、可給態リン酸は、稲麦わら堆肥4t>稲麦わら堆肥2t+増資材・稲麦わら堆肥1t・無窒素>化学肥料単用である。また、稲麦わらの施用量が多いほど仮比重が減少し、膨軟になる(表1)。
  4. 水稲、小麦の生育、収量は、稲麦わら堆肥の施用により増加し、稲麦わら堆肥4t≧稲麦わら堆肥2t+増資材>稲麦わら堆肥1t>化学肥料単用》無窒素となる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 暖地の細粒灰色低地土で適用できる。
  2. 稲麦わら堆肥は、重量比で稲わら4:麦稈1を堆肥化して、毎作前に施用した。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分助成試験(土壌保全対策事業)
研究期間1997~1998
研究担当者佐々木智弘、三浦猛夫、赤木康
発表論文九州・沖縄地域における基準点調査中間取りまとめ(平成9年)
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat