サトウキビ部門の経済波及効果

サトウキビ部門の経済波及効果

タイトルサトウキビ部門の経済波及効果
要約平成2年沖縄県産業連関表から解析した結果、サトウキビは生産額が100億円(約50万t相当)減少したことにより、県経済全体では生産額で 321億円、農業及び雇用者所得で96億円の減少が生じたと推定され、極めて高い波及効果を持つ。
担当機関沖縄県農業試験場 経営機械部 経営研究室
連絡先098-884-9903
区分(部会名)九州農業
専門経済政策
研究対象工芸作物類
分類行政
背景・ねらいサトウキビの深刻な減産は、農業所得の減少や各種農業資材部門への影響にとどまらず、製糖業を経由してサトウキビ運搬のためのトラック輸送業など様々な産業部門へマイナスの経済波及をもたらす。これを沖縄県産業連関表(平成2年版)を用いて解析し、サトウキビ部門が県経済に与える経済波及効果を解明した。
成果の内容・特徴
    1. 主要な波及部門
      1. サトウキビ部門から大きな影響を受ける部門を生産額ベースの波及からみると、砂糖、サトウキビ(自産業)、住宅賃貸料、小売の順となり、砂糖部門が全体の45%を占める。また、純付加価値ベースでは、サトウキビ(自産業)、小売、砂糖の順となり、自産業のサトウキビ部門が全体の61%を占める結果となる(表2)。
    1. 解析は、基本産業分類ベースの407部門表(うち県内立地は263部門)で実施した。
    [具体的データ]

    [その他]
    研究課題名:
    成果の活用面・留意点
    1. サトウキビ部門のみならず農林水産業他部門の波及効果も算出し明示してあるので、行政施策等企画立案の際の基礎資料として活用できる。
    2. 解析は、基本産業分類ベースの407部門表(うち県内立地は263部門)で実施した。
    具体的データ
    図表
    図表
    予算区分県単
    研究期間1998~1998
    研究担当者家坂正光、玉那覇健
    発表論文農業経営通信(農業研究センター)、No.196、1998.6
    発行年度1998
    収録データベース研究成果情報

    研究成果情報アクセスランキング

    Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

    Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat