早生良質良食味の水稲新品種候補系統「佐賀18号」

早生良質良食味の水稲新品種候補系統「佐賀18号」

タイトル早生良質良食味の水稲新品種候補系統「佐賀18号」
要約水稲「佐賀18号」はキヌヒカリ/東北143号(後の「ひとめぼれ」)の組合せから育成されたもので、「日本晴」に比べ、出穂、成熟期が3~4日早い早生種である。稈長はやや長く、穂数は同等の中間型品種である。収量性は同程度で、外観品質が優れ、食味は「コシヒカリ」並の極良食味である。佐賀県農業試験研究センター・バイオテクノロジー部・水稲育種研究室
担当機関佐賀県農業試験研究センター バイオテクノロジー部 水稲育種研究室
連絡先0952-45-2141
区分(部会名)九州農業
専門育種
研究対象稲類
分類普及
背景・ねらい本県の山麓地帯では早生の「日本晴」、中生の「ヒノヒカリ」が作付されているが、食味の面で「日本晴」の流通評価は低下してきている。また作付が「ヒノヒカリ」に偏重し、一部には共同乾燥調製施設での荷受けの集中や、刈り遅れ等により品質の低下を招いている。このため、「日本晴」より食味の良く、「ヒノヒカリ」より早生の品種が強く望まれている。そこで、早生で良質、良食味の品種を育成する。
成果の内容・特徴「佐賀18号」は平成3年、佐賀県農業試験研究センターにおいて、「キヌヒカリ」を母、「東北143号(後の「ひとめぼれ」)」を父として人工交配した組合せから育成され、平成11年度はF9となる。本系統の特性は「日本晴」と比較して、以下のとおりである。
  1. 出穂期は3日、成熟期は4日早い早生種である。
  2. 稈長は5[cm]長く、穂長は2㎝短く、穂数は同程度の“中間型”である。
  3. 葉色がやや濃く、止葉の直立性は“中”で、籾は稀に極短芒を有する。
  4. 稈質は“やや柔”で、耐倒伏性はやや劣る“やや弱”である。
  5. 脱粒性は“難”で、穂発芽性は“中”である。
  6. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“Pii”と推定され、圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも弱い“弱”である。また、白葉枯病抵抗性もやや弱い“やや弱”である。
  7. 玄米千粒重及び収量性は同程度である。
  8. 玄米の形状は長さが短く、幅及び厚さが広く厚い。外観品質は優れる。
  9. 食味は外観、粘り、軟らかさに優れる「コシヒカリ」並の極良食味である。
成果の活用面・留意点
  1. 本県の標高200m以下の山麓地及び平坦地上部の「日本晴」に替えて普及を図る。
  2. 耐倒伏性がやや弱いので、多肥栽培は避ける。
  3. いもち病及び白葉枯病に弱いので常発地帯での栽培は避け、適期防除を行う。
具体的データ
図表
予算区分県単
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat