食品加工用有色カンショ「アヤムラサキ」、「ジェイレッド」の選定と栽培特性

食品加工用有色カンショ「アヤムラサキ」、「ジェイレッド」の選定と栽培特性

タイトル食品加工用有色カンショ「アヤムラサキ」、「ジェイレッド」の選定と栽培特性
要約食品加工用カンショとして「アヤムラサキ」と「ジェイレッド」を選定し、栽培特性を明らかにした。窒素施肥量は「コガネセンガン」と同様、0.4~0.8kg/a、畦幅90cmの場合、株間は30cm(370株/a)とすることが適当である。
担当機関宮崎県総合農業試験場 畑作園芸支場
連絡先0986-22-1743
区分(部会名)九州農業
専門栽培
研究対象いも類
分類指導
背景・ねらい本県のカンショ栽培面積は、価格の低迷、労働力不足等から原料用を中心として減少傾向にあるが、畑作経営の中では輪作体系上重要な作物となっており、澱粉原料用からの転換と併せて焼酎・食品加工用カンショの生産振興を図る必要がある。そのため、食品加工を目的とした有色カンショについて、収量性、加工適性の両面から宮崎県に適した優良品種を選定し、その安定生産技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 食品加工用カンショとして、「アヤムラサキ」と「ジェイレッド」を選定した。「アヤムラサキ」は「コガネセンガン」と比較して収量は低いが、既存の紫色品種の中では肉色の紫程度が濃く、多収であり、パウダーや色素原料等に適している。「ジェイレッド」は「ベニハヤト」よりも収量が高く、形状の揃いが良い。また、切干歩合が低い特徴を有しておりジュース用に適している(表1)。
  2. 畦幅90cmで、「アヤムラサキ」は株間30cm、窒素1.2kg/a、「ジェイレッド」は株間50cm、窒素1.2kg/aの組み合わせの場合が最高収量を示したが、イモが極端に肥大したり、屑イモの発生を少なく押さえるためには、株間は「アヤムラサキ」では30~40cm、「ジェイレッド」では30cmに植付け、窒素は0.4~0.8kg/aが適当と判断された(表2、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 栽培指針策定のための参考資料として活用する。
  2. 多肥栽培で多収となるが、窒素0.8kg/aを限度とする。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分助成試験(地域基幹)
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat