遺伝子組換えによるモチ性カンショの作出

遺伝子組換えによるモチ性カンショの作出

タイトル遺伝子組換えによるモチ性カンショの作出
要約カンショ(高系14号)から単離したデンプン粒結合型スターチシンターゼⅠの全長cDNAをセンス方向で高系14号に導入することにより、モチ性のカンショを作出した。九州農業試験場・作物開発部・育種工学研究室・流通利用研究室、石川県農業短期大学
担当機関九州農業試験場 作物開発部 育種工学研究室
石川県農業短期大学
連絡先096-242-1150
区分(部会名)生物資源
区分(部会名)九州農業
専門バイテク
研究対象いも類
分類研究
背景・ねらい近年、デンプン代謝に関与する酵素の生化学的な研究は急速に進んでおり、その知見を生かして、遺伝子組換えにより、既存の遺伝変異の範囲を超えるデンプンの変異を得ることが可能となりつつある。本研究では、その一つの試みとして、アミロースの合成をつかさどるデンプン粒結合型スターチシンターゼⅠ(GBSSI)の全長cDNAをセンス導入し、モチ性カンショの作出を行う。
成果の内容・特徴
  1. アグロバクテリウム法によって得られた26個体の組換え体の塊根を、ヨウ素ヨードカリ染色によりスクリーニングした結果、1個体においてモチ性を示す茶褐色の染色パターンがみられた(図1左)。
  2. ヨウ素吸光度法で調べた結果、塊根より調製したデンプンのアミロース含量は0%である(図2レーン1)。
  3. 塊根におけるGBSSIタンパクの発現がみられない(図3レーン1)。
  4. 以上の結果から本組換え体はモチ性であると判断される。
成果の活用面・留意点
  1. 本組換え体は、アミロペクチンのみで構成されるデンプンを含有する、新規のカンショ材料である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分経常
研究期間1999~2000
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat