いぐさ品種「筑後みどり」の出芽時期別茎の生育特性

いぐさ品種「筑後みどり」の出芽時期別茎の生育特性

タイトルいぐさ品種「筑後みどり」の出芽時期別茎の生育特性
要約いぐさ品種「筑後みどり」の7月刈では7月15日刈栽培の5月下旬出芽茎が出芽後5週目以後の伸長量が「いそなみ」より大きく、収穫時の茎長が長く、先枯長は短い。また、7月15日刈栽培は7月1日刈栽培に比べて茎の硬度が高く、根元部が細く品質が優れる。福岡県農業総合試験場・筑後分場・い草研究室
担当機関福岡県農業総合試験場 筑後分場 い草研究室
連絡先0944-32-1029
区分(部会名)九州農業
専門加工利用
研究対象工芸作物類
分類指導
背景・ねらい「筑後みどり」を原料とした高級畳表の生産のためには、「筑後みどり」の特性を生かした新しい栽培法を確立する必要がある。そこで、出芽時期別茎の生育特性を「いそなみ」と比較するとともに、最適な作期を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「筑後みどり」の最長茎出芽時期は「いそなみ」と同様7月15日刈栽培が5月5半旬頃で、7月1日刈栽培は5月2半旬頃である。それより前の出芽茎は茎長が短いうえに先枯長が長く、またそれより後の出芽茎は茎長が短く、ともに品質が低下する(図1)。
  2. 「筑後みどり」は出芽後2週目までは「いそなみ」より伸長緩慢であるが、出芽後4週目以後の1週間当たりの伸長量は「いそなみ」より大きく、生育後期の伸長性に優れる。とくに7月15日刈栽培では5月下旬出芽茎の伸長量が5週目以後大きい(表1)。
  3. 茎の根元部の太さは出芽時期が早いほど大きく、7月15日刈栽培では5月5半旬頃の出芽以後は比較的小さい。一方、茎の硬さ(硬度目標値65%以上)は出芽時期が早いほど硬く、7月15日刈栽培では6月2半旬以後出芽の若い茎は軟らかくなり、茎の太さと硬度から5月下旬出芽茎の品質が良好である(図2、図3)。
  4. 7月1日刈栽培は7月15日刈栽培と比べて茎の根元部が太く、品質が劣る(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 「筑後みどり」の適正な栽培時期を指導するための資料として活用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分経常
研究期間1998~2000
研究担当者藤冨慎一、堺田輝貴、住吉強
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat