暖地に出現したスルホニルウレア抵抗性ミゾハコベの抵抗性程度と有効除草成分

暖地に出現したスルホニルウレア抵抗性ミゾハコベの抵抗性程度と有効除草成分

タイトル暖地に出現したスルホニルウレア抵抗性ミゾハコベの抵抗性程度と有効除草成分
要約暖地に出現したスルホニルウレア(以降SUと略称)抵抗性のミゾハコベの抵抗性程度はSU成分間で異なり、イマゾスルフロン>ペンスルフロンメチル>ピラゾスルフロンエチルの順に抵抗性程度が大きく、いずれの剤に対しても発生前よりも1葉期で抵抗性程度が大きい。非SU成分ではビフェノックス、ピリブチカルブ、ペントキサゾンの除草効果が高い。九州農業試験場・水田利用部・雑草制御研究室(九州沖縄農業研究センター水田作研究部雑草制御研究室)
担当機関九州農業試験場 水田利用部 雑草制御研究室(九州沖縄農業研究センター水田作研究部雑草制御研究室)
連絡先0942-52-3101
区分(部会名)九州農業
専門雑草
研究対象雑草類
分類指導
背景・ねらい九州地域においても佐賀県で初めて、スルホニルウレア(SU)系除草成分に抵抗性を示すタケトアゼナとミゾハコベの出現が確認された。アゼナ類については多くの研究がなされており、その防除法も検討されているが、ミゾハコべについては知見がほとんどない。そこで、暖地におけるSU成分に抵抗性を示すミゾハコベの防除法を検討する基礎的知見としてSU成分に対する抵抗性の程度ならびに非SU成分の除草効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 抵抗性ミゾハコベのSU成分に対する抵抗性の程度には成分間に差異が認められ、イマゾスルフロン>ペンスルフロンメチル>ピラゾスルフロンエチルの順にその程度は大きく、イマゾスルフロンは1葉期処理では標準薬量の64倍量でも完全枯死には至らない(図1)。
  2. いずれのSU成分に対しても発生前より1葉期で抵抗性程度が大きい(図1)。
  3. 非SU成分のビフェノックス、ピリブチカルブ、ペントキサゾンはいずれの処理時期および処理濃度でも高い除草効果を示し、カフェンストロールは発生前処理で、メフェナセットは発生前の10%以上の処理濃度で、プレチラクロールはジメタメトリンとの混合で高い除草効果を示す(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. SU抵抗性ミゾハコベの発生地域における除草剤の選定に役立つ。
  2. 混合剤の場合、各成分の相互作用により効果が異なる場合もある。
具体的データ
図表
図表
予算区分経常
研究期間2000~2000
研究担当者児嶋清、小荒井晃、大段秀記
発表論文佐賀県に発生したスルホニルウレア抵抗性ミゾハコベの除草成分に対する反応、雑草研究、46巻別号、2001.
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat