加工用高アントシアニンカンショ新品種候補系統「九州132号」

加工用高アントシアニンカンショ新品種候補系統「九州132号」

タイトル加工用高アントシアニンカンショ新品種候補系統「九州132号」
要約カンショ「九州132号」は、高アントシアニン、多収で、収穫し易く、加工適性も優れる。また、いもを直接圃場に植え付ける直播栽培にも適する。食品加工用として、全国のカンショ作地域に適する。九州農業試験場・畑地利用部・甘しょ育種研究室(九州沖縄農業研究センター畑作研究部サツマイモ育種研究室)
担当機関九州農業試験場 畑地利用部 甘しょ育種研究室(九州沖縄農業研究センター畑作研究部サツマイモ育種研究室)
連絡先0986-22-1506
区分(部会名)九州農業
専門育種
研究対象いも類
分類普及
背景・ねらい加工用カンショの需要拡大を図るため、「アヤムラサキ」より外観品質が優れ、収穫や加工に際しハンドリングし易い、高アントシアニンのカンショ品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「九州132号」は、平成4年に高アントシアニンの「アヤムラサキ」を母、多収、高でん粉の「シロユタカ」を父として交配し、選抜した系統である。
  2. いもの肉色は「紫」であり、塊根中のアントシアニン含量は「アヤムラサキ」と同程度である。
  3. いもの形状は「紡錘形」、外観は「上」で、「アヤムラサキ」に比べ優れ、収穫し易く、加工適性も優れる。
  4. 上いも重は、育成地の標準無マルチ栽培、長期透明マルチ栽培で「アヤムラサキ」よりそれぞれ7%、23%高い。
  5. 切干歩合(乾物率)は、「アヤムラサキ」より2~4ポイント高い。
  6. 病虫害抵抗性は、サツマイモネコブセンチュウ、ミナミネグサレセンチュウに「強」、黒斑病に「やや強」である。
  7. 貯蔵性は、「アヤムラサキ」並の「やや易」である。
  8. いもをそのまま圃場に植え付ける直播栽培では、親いも肥大はわずかであり、直播栽培に適する。
成果の活用面・留意点
  1. 全国のカンショ作地域に適する。
  2. 高アントシアニンで、ペースト、パウダーなどの加工用に適する。
  3. ペースト、パウダーの色調が「アヤムラサキ」と異なる。ペーストは「アヤムラサキ」に比べやや赤みが強く、パウダーは「アヤムラサキ」に比べ、ややくすんだ色調となる。
具体的データ
図表
予算区分経常、転作作物
研究期間2000~2000
研究担当者山川理、熊谷亨、石黒浩二、甲斐由美、吉永優、日高操
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat