フィルムマルチの地温制御効果の評価法とそれを用いた被覆場所、色、厚さの評価

フィルムマルチの地温制御効果の評価法とそれを用いた被覆場所、色、厚さの評価

タイトルフィルムマルチの地温制御効果の評価法とそれを用いた被覆場所、色、厚さの評価
要約フィルムマルチ下の最高地温は最高気温と日射量、最低地温は最低気温と前日の最高気温を説明変数にした重回帰式で推定できる。この重回帰式を用いて評価すると、ハウス内は露地より摂氏3度高く、透明マルチは黒、銀マルチより摂氏2~3度高い。大分県農業技術センター・畑地利用部
担当機関大分県農業技術センター 畑地利用部
連絡先0974-22-0670
区分(部会名)九州農業
専門栽培
分類指導
背景・ねらい地温の制御を目的とした色の異なるフィルムマルチ資材が市販されている。フィルムマルチの被覆場所、色、厚さが地温に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 3月から8月のフィルムマルチ下の最低地温は最低気温と前日の最高気温を、最高地温は最高気温と日射量を説明変数にした重回帰式で推定できる(表1)。この回帰式を用いて気象条件を揃えてそれぞれのフィルムマルチの効果を評価できる。
  2. 0.02mm程度の厚さのフィルムマルチはフィルムの色で地温上昇効果が異なり、露地では透明>配色(中央が透明で両側が黒)>黒≧銀>白黒(白が上)≧裸地の順に高い。しかし、ハウス内では、黒、銀、白黒のフィルムマルチと裸地の差は小さい(データ省略)。
  3. ハウス内に被覆した場合、露地に被覆した場合に比べ、4月下旬、7月下旬ともに約摂氏3度高い(表2)。
  4. いずれのフィルムでも、フィルムが厚いと最高地温は約摂氏1度高いが、最低地温は同じである(表2)。
  5. 被覆場所や厚さが異なっても、黒マルチと銀マルチとの地温差は小さく、透明マルチはそれより摂氏2~3度高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 腐植質黒ボク土で適用できる。
  2. 地温が野菜の生育に及ぼす影響を検討する必要がある。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2000
研究担当者佐藤如、佐藤和幸、安部貞昭
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat