摘採時期及び葉位による生葉のNF値の変化

摘採時期及び葉位による生葉のNF値の変化

タイトル摘採時期及び葉位による生葉のNF値の変化
要約生葉のNF値は摘採時期が遅くなるほど低くなり、また栽培管理及び品種の違いに係わらず、葉位が進むにつれて同じ割合で低くなる。熊本県農業研究センター・茶業研究所
担当機関熊本県農業研究センター 茶業研究所
連絡先096-282-6851
区分(部会名)九州農業
専門加工利用
研究対象工芸作物類
分類研究
背景・ねらい近赤外分析法による生葉品質評価の指標として、生葉のNF値(全窒素含量を粗繊維含量で割った値)は有効である。そこで、摘採時期の早晩による生葉のNF値の変化、栽培管理及び品種による葉位別生葉のNF値の変化について検討し、生葉品質評価の基礎資料を得る。
成果の内容・特徴
  1. 摘採時期が遅くなるほど、生葉の全窒素含量は直線的に減少し、粗繊維含量は急激に増加する。そのため、生葉のNF値は摘採時期が遅くなるにつれて大きく低下する(図1)。
  2. 放任茶園(無肥料)、幼木園及び成木園(適正管理園)における葉位別のNF値は、下位葉になるほど低くなり、その低下割合は栽培管理の違いに係わらずほぼ同じである(図2)。
  3. 品種「やぶきた、ほくめい、めいりょく」の葉位別のNF値は、下位葉になるほど低くなり、その低下割合は品種の違いに係わらずほぼ同じである(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 生葉品質評価の基礎資料として活用できる。
  2. 葉位別NF値は、一番茶の一心5葉新芽についての結果である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2003
研究担当者下門久
発表論文摘採時期及び葉位による生葉のNF値の変化,九州農業研究,第63号,2001.(印刷中)
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat