後期加温ハウスミカン園におけるミカンネコナカイガラムシのほ場診断時期

後期加温ハウスミカン園におけるミカンネコナカイガラムシのほ場診断時期

タイトル後期加温ハウスミカン園におけるミカンネコナカイガラムシのほ場診断時期
要約後期加温ハウスミカン園におけるミカンネコナカイガラムシの発生消長は、9月下旬、3月下旬および5月下旬にピークを示し、6~8月に減少することから、年間3世代を経過すると考えられ、的確な防除を行うためのほ場診断に適する時期は、9月下旬および3月下旬である。佐賀県上場営農センター・研究部・畜産・果樹研究室
担当機関佐賀県上場営農センター 研究部 畜産
連絡先0955-82-1930
区分(部会名)九州農業
専門作物虫害
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらい県内のハウスミカン園では、樹勢の低下による収量低下が深刻化しており、その一因としてミカンネコナカイガラムシの寄生が挙げられている。しかし、土壌害虫である本種の発生動向については不明な点が多いことから、的確な防除がなされていない。
そこで,被害が多い後期加温ハウスミカンにおいて本種の発生や齢構成の季節的消長を調査し、効率的な防除を行うためのほ場の診断時期を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 現地圃場の同一樹(5樹)で約3年間にわたり、ミカンネコナカイガラムシの寄生頭数と齢構成をツルグレン法で調査した。
  2. 多発期間(1998年9月~1999年8月)における本種の寄生頭数は、9月下旬、3月下旬および5月下旬と順次多くなる3つのピークを示し、6月下旬~8月下旬は減少した(図1)。若齢(1齢および2齢)幼虫の割合は、9月下旬、2月下旬および5月下旬に高くなり、寄生頭数のピークとほぼ一致した(図2)。
  3. 少発期間(1999年9月~2000年8月)の発生消長には、明瞭なピークが認められなかった(図1)が、多発期間における発生消長と齢構成から判断して、本種は年間3世代を経過すると考えられる。
  4. 以上のことから、後期加温ハウスミカンにおける本種に対するほ場の診断時期は、9月下旬および3月下旬である。
成果の活用面・留意点
  1. この成果は、ハウスミカンの後期加温(春芽利用型)栽培に適用する。
  2. 水切りの時期に当たる5月下旬は、防除を行えないため、ほ場診断の時期として適さない。
  3. 虫数の調査は、水面浮遊法でも行うことができる。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2002
研究担当者善正二郎、陣内宏亮、田久保義和
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat