スクミリンゴガイ磨砕液に対するスクミリンゴガイの警報反応

スクミリンゴガイ磨砕液に対するスクミリンゴガイの警報反応

タイトルスクミリンゴガイ磨砕液に対するスクミリンゴガイの警報反応
要約スクミリンゴガイの磨砕液により、孵化貝は水面上に上がる忌避反応、小、中貝は土に潜る忌避反応を示す。殻長30mm以上の大貝は忌避反応を殆ど示さない。九州農業試験場・地域基盤研究部・害虫生態制御研究室(九州沖縄農業研究センター地域基盤研究部害虫生態制御研究室)
担当機関九州農業試験場 地域基盤研究部 害虫生態制御研究室(九州沖縄農業研究センター地域基盤研究部害虫生態制御研究室)
連絡先096-242-7732
区分(部会名)九州農業
専門作物虫害
研究対象稲類
分類研究
背景・ねらいスクミリンゴガイは西南暖地の水稲の重要害虫で、特に湛水直播栽培では被害が大きく、低コストの水稲直播栽培普及の障害となっている。しかし現在、貝に対する有効な農薬がなく、行動を制御する方法の開発が望まれている。本研究では、スクミリンゴガイが同種の磨砕液に対して特異な行動を起こすことがわかったので、その行動特性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. スクミリンゴガイの警報反応は、発育段階特異的である。孵化貝(孵化後3日齢)は、孵化貝の磨砕液に対し水面上に出る忌避反応(水上反応)を示すが、小以上の貝の磨砕液には殆ど水上反応を示さない(図1左)。小以上の貝は、どの磨砕液に対しても殆ど水上反応を示さない。
  2. 小以上の貝は、同じサイズの貝の磨砕液に対して土に潜る反応を示す。しかし、孵化貝や大貝の磨砕液には潜土反応を殆ど示さない(図1右)。大貝はどの磨砕液に対しても忌避反応を殆ど示さない。
  3. 孵化貝の磨砕液中に含まれる忌避反応を起こさせる物質の分子量は8千以上、2.5万以下である(図2左上下)。また、小、中貝(殻長10-20mm)の忌避反応解発物質も、5千以上、2.5万以下である(図2右上)。
成果の活用面・留意点
  1. 忌避反応を起こさせる物質を用いて貝の行動制御を行い、本貝の防除につながる可能性がある。
  2. 孵化貝の忌避反応については、九州農業研究成果情報第15号参照。
具体的データ
図表
図表
予算区分行政特研(スクミリンゴガイ)
研究期間2000~2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat