塩化ベンザルコニウム溶液処理によるソリダゴの鮮度保持

塩化ベンザルコニウム溶液処理によるソリダゴの鮮度保持

タイトル塩化ベンザルコニウム溶液処理によるソリダゴの鮮度保持
要約ソリダゴの切り花の切り口を100ppm塩化ベンザルコニウム溶液(10%塩化ベンザルコニウム液の1000倍)で3時間以上12時間以内浸漬することで、輸送時間が96時間になっても,その後は優れた水揚げ効果を示す。鹿児島県農産物加工研究指導センター
担当機関鹿児島県農産物加工研究指導センター
連絡先099-268-9325
区分(部会名)九州農業
専門加工利用
研究対象花き類
分類普及
背景・ねらいキク科の花きソリダゴの生産農家が増加しつつあるが、切り花は輸送期間が長くなると市場到着後の水揚げが悪くなり日持ちが悪い欠点がある。このため、生産現場では切り口に吸水用のパックを使用するなどの対策を講じている。そこで、省力、低コストで輸送後の水揚げを向上させる前処理技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 塩化ベンザルコニウム溶液で切り口を浸漬する前処理を行うことで、水切りなしでも切り花の水揚げが良好になり葉のしおれを抑制する。また、塩化ベンザルコニウムによる前処理により、輸送温度摂氏5度における輸送シミュレーションにおいて,輸送時間が96時間であっても、その後も十分な水揚げ効果が得られる(図1、図2、表1)。
  2. 処理濃度は100ppm程度(10%塩化ベンザルコニウム液の1000倍)、処理時間は3時間以上12時間以内が好ましい(データ省略)。
  3. 塩化ベンザルコニウム溶液は殺菌効果が高く、前処理水の菌の増殖を抑える(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 塩化ベンザルコニウム溶液の処理濃度が高濃度(500ppm以上)になると、処理後に花弁や葉の傷に黒ずみがでる場合があるので、前処理濃度は100ppm程度とする。
  2. ソリダゴは処理液接触部分の茎の褐変が生じやすいので、前処理は切り口が浸漬できる最小限の量で行う。
  3. 作業中に皮膚に付着した場合は、水洗する。
  4. この前処理法はキクにも適用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat