レンゲ萎縮ウイルス(MDV)によるソラマメ萎黄病の多発事例

レンゲ萎縮ウイルス(MDV)によるソラマメ萎黄病の多発事例

タイトルレンゲ萎縮ウイルス(MDV)によるソラマメ萎黄病の多発事例
要約1999年10月から2000年1月に県内のソラマメ産地に多発した黄化萎縮症状の主因はMDVによるソラマメ萎黄病である。
キーワードソラマメ、黄化萎縮症状、レンゲ萎縮ウイルス、萎黄病
担当機関旧農研センター ウイルス病診断研究室
京都工繊大学 応用生物学科
鹿児島農試 病虫部
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい1999年10月下旬以降,県内のソラマメの主産地である指宿市,阿久根市などで黄化萎縮症状が多発し,発生圃場の中には発生株率が90%以上のところもみられ,大きな問題となった。そこで、この原因を解明し、今後の防除対策に資する。
成果の内容・特徴
  1. 1999年10月から2000年1月にソラマメの先端部葉および下位節の腋芽がやや黄化して細く,奇形となり,葉先には黒褐変枯死も認められ,株全体がわい化する症状が発生した。この症状は従来から発生しているインゲンマメ黄斑モザイクウイルス(BYMV)によるのものとは明らかに異なるものである。
  2. この症状は指宿市の南部及び中央地区を中心に多発生し(表1),阿久根市,山川町など他の産地では一部発生の多い圃場もみられたが、全体的には発生が少なかった。
  3. 指宿市,鹿児島市,山川町の標本からはMDVが20株中16株が検出され,ダイズわい化ウイルス(SDV)は検出されなかった(表2)。また,阿久根市の類似症状6株はMDV単独感染が1株,BYMV単独感染が2株,MDVとBYMV混合感染が1株であった(表3)。
  4. 以上のことから、今回多発したソラマメの黄化萎縮症状の主因はMDVによるソラマメ萎黄病であると考えられる。ソラマメでのMDVの発生は九州では初めてである。
成果の活用面・留意点
  1. MDVはアブラムシ類により伝搬されるので,シルバーマルチによるアブラムシ類の飛来防止を行い,その後の防除を徹底する。
  2. 発病株は直ちに抜き取る。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~1999
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat